フィリピン ミンダナオ島で地震発生

2017年2月11日(土)  晴れのち雨

 

 

フィリピン南部のミンダナオ島で地震発生のニュース。

地震の規模を表すマグニチュード(M)は 6.5 で、11日までに6名の死者が報告されているという。

 

_94266256_mediaitem94266255
(BBCサイトより引用)

 

日本と同様に「環太平洋造山帯」に位置するフィリピンは地震頻発地帯。

ここセブ島も2013年に隣のボホール島を震源とする M7.1 の地震に襲われた。

その時はセブ島でも死者が出た。

その時は語学学校業界も大きなダメージを受けたらしい。

学校の建物が痛んだり、韓国からの留学生が帰国&予約取り消しとなって業界全体が落ち込んだ様子。

 

 

さて、今回のミンダナオ島の被害について、被害者の多くは地震の揺れによる落下物が原因だそうです。

そしてスリガオという街ではショッピングモールや橋などの建物に大きな被害が出たのだとか。

 

残念ながらフィリピンの建物は耐震設計などはなからされていない。

セブでは建設中の工事現場をよく見かけるが、建物の壁などはブロックを積み立てた所にコンクリートを塗り固めただけの簡単な作り。

そして建築資材そのものも中国製の安価なものを使っているため、新築の建物でも完成したそばから劣化していく。

 

先日日本に一時帰国した時に感じたのは、日本で築40年くらいの建物でもセブ島の築5年のビルよりはるかに綺麗に見えたことだ。

 

地震多発、さらにセブでの過去の大地震を経験したにもかかわらず、その反省が活かされない国。

日本だったら耐震基準の見直しなどが実施されたことだろう。

でも何事も将来のリスクに備えることをしない国民性。

ことが起きてから対処するが、起きてからでは遅いこともある。

その代償は大きい・・・。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。