フィリピンのインフレ率 2.7%

2017年2月12日(日) くもり

 

 

日本からセブの地に渡って早くも1年半以上経過した。

到着当時からフィリピンでは経済成長が著しいと肌で感じる。

街の至る所で大規模な建設工事が行われ、新しいショッピングモールやコンドミニアムが次々と立ち並ぶ。

そんなフィリピンの経済成長を裏付ける記事が先日新聞で発表された。

 

「1月のインフレ率 2.7%」

 

IMG_6581.JPG

 

ちなみにこれは月間のインフレ率であって、2016年の年間インフレ率は 「1.96%」。

日本の2016年のインフレ率が「-0.16%」であることを考えるとフィリピンのインフレの高さが伺える。

 

でもこれ、ここ10年のスパンで見ると決して高くない数字。

 

例えば2008年のインフレ率は「8.18%」だったし、2011年は「4.72%」、2014年は「4.17%」といったところ。

つまり現在のインフレ率を見るとむしろインフレが鈍化したと言える。

 

ところで「インフレ」とは物価が上がり、相対的に貨幣の価値が下がることだ。

そこでフィリピンの銀行利率を見てみると、現在の利率は良くても 1.75% くらい。

つまり、このインフレの状況を考えると銀行に預金しているだけだと実際には資産が目減りすることに。

そのため、日本でも一般的には銀行預金だけでなく有価証券や不動産など複数の種類の資産を組み合わせて運用してやりくりする。

でも考えてみると、フィリピンでは86%の人がそもそも銀行預金を持っていないんだった・・・。
(詳しくはこちら→フィリピン人の86%が◯◯を持っていない!?

 

 

ところで、昨日散髪をしにマンダウエのパークモールに行った。

「いつもの」と言えば前回と同じ髪型にしてくれるほど毎回利用している。

そして会計の時・・・いつも140ペソだった料金がいつの間にか200ペソになっていた!

こんなところにもインフレの影響が・・・。

財布の紐が硬くなりそう。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。