日曜:大運動会

2017年3月5日(日) 晴れ

 

 

普段喧騒に満ちているセブの街も週末のITパークの朝は静かだ。

その静寂の中で優雅な朝食をとる。

しかし、その静寂は一瞬で奪われた。

 

 

その予感はあった。

 

 

朝食をとるために入った店には先客が。

フィリピン人の常として彼らは大人数で食事をする。

今回も先客は10人くらいの家族・親戚と思われるグループ。

 

 

親戚一同が集まると当然子供達も一緒。

この子供達が静寂を破壊する。

 

 

子供が2〜3人も集まればじっとしれいられない。

たちまちレストラン内を走り回り大運動会と化す。

日本では他人に迷惑をかけることは許されず、親が真っ先に子供を止める。

そして止めない親は「親の顔が見てみたい」と周囲に言われ社会的に抹殺される。

 

 

さて、フィリピンでは基本的に他人への配慮という概念がない。

「自分」or「自分以外」しかないのだ。

 

 

子供がレストラン内でどんなに走り回ろうが基本的に親は無関心。

むしろ無邪気でかわいいと思っている。

他人が注意でもしようものならキチガイ扱いだ。

 

 

日本では家庭での教育もあるが、学校で「道徳」を学ぶ。

そこでは、倫理観や他人に迷惑をかけることの影響を教え込まれる。

 

 

フィリピンでは残念ながらそのような教育はない。

その代わり彼らが倫理観を学ぶのが教会だ。

フィリピン人の大半はカトリック教徒だが、カトリックの教会がそのようなことを教えているかは不明だ。

 

 

フィリピン人を見ていると遅刻、無断欠勤など日常茶飯事だが、そのほとんどがカトリック教徒。

プロテスタント系のフィリピン人はいたって勤務態度が良い。

これには色々意見があるだろうが、少なくとも私の周りでは客観的事実としてそう言える。

 

 

さて、暴れる子供を放置状態の親の心境とは?

そもそも他の客など彼らの目には映っていないのかもしれない。

もしくは「うちのかわいい坊やをもっと見て」という心境か。

個人的には後者の気がする・・・。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。