菓子売りの少女

2017年3月7日(火)  くもり

 

 

セブで暮らしていると日本ではなかなか味わうことのない貧富の差というものを改めて感じる。

レストランなどで食事をしていると近づいてくる二人組の少女たち。

見るからにあどけなさの残る10代の子供たちだ。

彼らはおもむろにリュックから手作りの菓子を取り出す。

そして食事中のテーブルに並べ始めた。

 

 

 

 

そして語り出す・・・「Sir, 私たちは working student です・・・」

 

そして学費を稼ぐためにこうしてお菓子を売り歩いているのだそうだ。

この少女たちはセブ北部のダナオという街からわざわざやってきた高校生らしい。

(その交通費、元がとれるのかい?)

 

 

一応、いつもこの手の苦学生が現れるとお菓子を買うことにしている。

ただし、買ったお菓子を食べたことはない。

 

 

そして、いつもショッピングモールなどのレストラン街でこのような学生に遭遇するのだが、ここで一つの疑問。

 

 

彼らは許可を得ているのだろうか?

 

 

まあ、訊くだけ野暮というものか・・・

 

 

日本じゃ施設の管理者からすぐに追い払われるだろう。

その辺はやたらと寛容な国だ。

 

 

でも彼らが学生だという証拠はどこにもないのだ。

この国では人の善意を悪用する人がいくらでもいるし、信用すると痛い目を見る。

ここはあえて詮索しないでおこう。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。