【警告】フィリピンには手を出すな!

2017年3月8日(水)

 

 

セブに移り住んで約2年、最近いろいろ思うところがある。

 

巷ではセブ島への英語留学が持て囃され、観光で訪れる人もいれば、成長著しいフィリピン経済を追い風に不動産投資に走る者、または事業を興す日本人も多い。

 

しかし私は彼らに言いたい。

 

「おやめなさい」

 

 

理由は次の一点に尽きる。

この国は芯から腐っている。

 

 

まあ、麻薬捜査と称して裁判も経ずに容疑者(被告ではない)を現場で次々に殺しちゃう国だから何が起きても不思議ではない。

特に公職員の汚職や腐敗の蔓延はもはや手に負えないレベルだ。

 

 

images

 

 

先日も韓国人実業家が誘拐され高額な身代金を奪われた挙句、すでに被害者は殺害され遺体は焼却された上にトイレに流されるという史上稀に見る凶悪事件が発生したが、逮捕された犯人はなんと警察官だった。

 

 

 

これは、ある日本人旅行者の話。

 

彼はセブの空港に降り立ち入国審査を通過した後で手荷物検査を受けたそうだ。

どうも検査官の動きが怪しいので注意深く観察していると、検査官は持っていたライターをスーツケースに潜り込ませ、あたかも旅行者が禁止されているライターをスーツケースに入れたまま渡航してきたように偽装しいちゃもんを付けてきたそうだ。

そればかりか、その間に彼はスーツケースの中から3万円を抜き取られていた。周りの検査官もにやにやして状況を見ている。みんなグルなのだ。

 

 

 

公務員はいかに賄賂による収入を増やすかということばかり考えており、賄賂なしには手続きが完了しないシステムを構築している。

ある日本人はフィリピンの運転免許証を取得するのに担当官に袖の下を渡して即日交付されたそうだ。

彼はなんの書類手続きも経ず、交通法規のテストも一切受けずに免許証を取得した。

こんなドライバーが街にあふれているのだからフィリピン人の運転の下手くそぶりも納得できるというものだ。

 

 

 

また別の日本人の話。

彼はビザの更新のためにイミグレーションにパスポートを提出していた。

すると彼らは申請者の同姓同名の犯罪履歴を見つけて、更新手続きを中断。

「本人が犯罪当事者と別人であることを証明しなければ出国不可」などと言ってきた。

同姓同名などこの世にいくらでもいるだろう。

 

 

私の知人も以前同様のケースに遭遇したが、その犯罪記録に載っている当該者の生年月日を見ると1900年生まれ。今でも生きていたら117歳だ。

私の知人は当時38歳。

生年月日を見比べれば別人であることは一目瞭然だがそこまでチェックする発想が彼らにはない。

 

 

今回のケースでは、対象となるビザ申請者は今回がはじめてのフィリピン訪問で、フィリピンの犯罪歴などあるわけなく、100%別人なのだ。

本来ならイミグレーションがそのチェックをすべきで、それでもビザ申請者が犯罪履歴の持ち主だと主張するのであれば彼ら自身がその主張が正しいことを証明すべきである。

無実の別人がわざわざ自分が無実であることを証明しなければいけないなど道理に合わない。

 

だが、彼らにこのような子供でも分かる理屈は通用しない。

公的機関に出向いて別人である「証明書」を発行してもらう必要があるのだが、この証書発行機関はマニラにしかない。しかも手続きは1月半以上かかるという。

当然手続きは有料だが、たとえ別人だと証明された場合でも失われたお金と時間はだれも補償してくれない。

 

 

この国ではこんな理不尽なことがまかり通っている。

そんな国に長く滞在するのは時に危険すら感じる。

 

 

通常、国を発展させるためには利益をもたらす外国企業や外国人を優遇するものである。

そうしてシンガポールやマレーシアなど東南アジア諸国は急速に成長を遂げ、かつて東南アジアの盟主だったフィリピンをとっくに追い越してしまった。

だがフィリピンでは外国人を虐めて自分の賄賂による収入を増やすことだけを考えている。

 

彼らはわかっていない。

 

こんなことが続けば現在フィリピンに外貨をもたらしている外国企業や投資家はいずれこの国を見限るであろうことを。

 

 

外国人にとってはフィリピンにいるメリットは少なく、あるのはリスクだけなのである。

私はイギリスやトルコで生活したことがあるが、そこでは「もう日本に帰りたくない」と思うほどその国を好きになった。

しかし、ここフィリピンに限っては「もういい加減日本に帰りたい」という思いしかない。

住めば住むほどうんざりする国かもしれない。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

【警告】フィリピンには手を出すな!” への2件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。