高級絶品セブグルメ 〜 ANZANI 〜

2017年4月7日(金) 晴れ

 

 

先日、好評の「激安絶品セブグルメ」をお伝えしたので、今回はスピンオフ版「高級絶品セブグルメ」シリーズ。
(こちらをご参照ください:高級絶品セブグルメ ~MAO JIA 毛家~

 

 

今週は日本から本社の社長、役員が来ていたのでミーティングを兼ねての夕食会。

せっかくだからセブでも指折りの良い店に行こうということで、今回行ったのが ANZANI

 

 

ANZANI はセブでは有名な高級イタリアンレストラン。

IT パークやショッピングモールに入っている GUSTO とか私がよくイアスクリームを食べに行く District on 53rd とかもこの ANZANI グループ。

本家の ANZANI はマルコポーロホテルの近くの坂の途中に店を構えている。

 


(場所はこちら)

 

店に一歩入るとそこはセブとは思えないラグジュアリーな空間。

直前に JY スクエア前のローカルマーケットの喧騒を通りすぎて来たため、まずそのギャップにインパクトを受ける。

 

 

 

エントランスの空間には洋書を収納した本棚なんかが置いてある。

お洒落。

 

 

 

入り口の奥の店内には気品溢れる紳士&淑女が落ち着いて食事をしている。

大人数で騒ぎながら食事をするフィリピンスタイルとはかけ離れている・・・。

セブにもこんな空間が存在したのか・・・

 

 

客席のすぐ隣には前菜やパンなどを用意するキッチン。

清潔感が漂っている。

いつもランチで利用する 100ペソ以下の簡易食堂とは大違いだ。

 

おもむろにウェイターがメニューを差し出す。

 

 

なんとメニュー表はタブレット!!!

進んでいる!

ただ、おそらくスキャンしたと思われるメニュー表の画質は粗い。

お、ちょっとフィリピンクオリティで安心(?)。

 

 

最初にドリンクの注文を聞かれる。

ここで我々は日本人らしさを遺憾無く発揮し、社長が決めるまでみんな自分の飲み物が決まらず・・・

社長がサンミゲル・ピルセンを注文すると、全員一致して同じくサンミゲル・ピルセンを注文。

 

 

はい。やってきました。

よくセブのレストランではずんぐりむっくりした小瓶で提供されるサンミゲル。

しかし、ANZANI ではシュッと細長い小瓶。

 

サンミゲル比較
(参考資料)

 

どうしてシュッとした瓶で提供するのか聞いたところ、「ずんぐりむっくり型はあまりにも一般的すぎるので」とのこと。

つまり、瓶の形で「違い」を演出しているのだ。

高級店に来る目的は皆「非日常」を求めているのだ。「違い」を提供するのは正しい。

 

 

まあ、中身は一緒ですけど

 

 

でも心なしかシュッとした瓶で飲むサンミゲルのほうが美味しく感じる・・・。

 

 

そうこうしているうちにパンがやってきた。

なんか植木鉢みたいのに入っている。

でも焼きたてでおいしい。

 

 

パン用に三つのソースが提供される。

左から、バルサミコ、トマトペースト、エクストラバージンオリーブオイル。

お洒落・・・

 

 

 

ウィイターが前菜を運んできた。

この小鉢から選ぶようだ。

もうこの時点でお洒落・・・

 

 

私が選んだのがこちら。

Aubergine (茄子)をペースト状にしたものです。

非常においしい。

フィリピンではほとんどの人が茄子を Eggplant と呼ぶが、ここでは敢えてイギリス英語で Aubergine と呼ぶ。「違い」を演出しているのだろうか?

 

 

 

メインディッシュ。

リゾットの上にエビが2尾乗っている。

これも非常に美味しくてお洒落。

エビの身はプリプリでボリュームもあり食べ応え十分。

 

 

コースにはワインも白・赤が一杯ずつ付いている。

なんともお洒落な空間だ。

 

 

なぜ男5人で来ているのだろう・・・?

 

 

 

最後はデザートで締める。

 

 

 

食後に店内を散策。

バルコニーにも広いスペースを取っており、屋外での食事も楽しめる。

木にランプが釣り下がっている。お洒落だ。

 

近くの席では欧米のカップルが食事を楽しんでいる。

やはりここはデートで来るべきところだ。

決して男5人で来るところではない。

 

 

 

暗くてよくわからないが、高台なので眺めもいいはず。

ただ夜は何も見えない・・・

 

 

再び店内。

階下には大人数で食事できる半個室のような部屋もある。

壁にワインが収納されていて高級感が漂っている。

 

こんなお洒落な店でおいしい食事ができて心もお腹も満足だ。

しかも今回いただいたコースは一人当たり1050ペソ。

このクオリティを考えると意外とリーズナブル。

 

次回は誰と来ようか・・・

候補が職場のフィリピン人講師くらいしか思い浮かばない・・・

 

レチョンは置いてありませんでした。豚の Line スタンプ
http://line.me/S/sticker/1054084

 

今日もクリックお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。