セブに行くのはやめましょう

2017年4月10日(月) 晴れ

 

 

セブで日本人相手の仕事をしていながら、これまで結構フィリピン渡航のリスクについて伝えてきた。

本当は日本人にたくさん来てもらわねば商売あがったりなのだが、ここはあえてリスクを伝えて渡航の再考を促してきた。

参照:

【警告】フィリピンには手を出すな!

 

それにもかかわらず来る人が後を絶たない。

 

そんな中、ついに・・・

 

米国大使館がセブ渡航注意喚起を実施。

 

 

img_7696

 

在マニラ米国大使館は昨日、フィリピン在住のアメリカ人に対しセブを含むセントラル・ビサヤ地方への渡航注意喚起を実施。

 

それによると、「まだ根拠はないが信用できる情報として」幾つかのテロリスト集団がセブやボホール地方での誘拐を企てている可能性があるとのこと。

 

フィリピンは今週木曜日から Holly Week という祝日により4連休に突入

そこを狙ったテロ計画があるのだろうか。

 

セブでは先週、 ASEAN の財務・防衛関連の会合が実施され、周辺のセキュリティ警戒態勢が強化された状態。

そしてまだその警戒は解かれていない。

 

ただ、当のセブ地方周辺の自治体はそのような情報を把握しておらず、米国大使館が発表した警告に困惑気味。

あくまでアメリカ人旅行者に対する警告だが、地元当局もその情報の出処や信ぴょう性について気にしている。

 

注意喚起として以下の点を特に警戒:

過激派が過去に標的にした事例として以下の場所を避けること。

  1. スポーツイベント
  2. 劇場
  3. 市場
  4. 航空機を含む大規模輸送システム
  5. その他、大勢が集まる場所

 

このほかにもクラブやショッピングモール、人気のレストランやバスなども警戒が必要とのこと。

しかし・・・

 

これらの場所に行かないのであればセブに来る意味がない。

 

いや、冗談抜きでリゾートとしてツーリストの渡航先として知られるセブ。

買い物やレジャーの場所が行けないのであれば来る意味ないですよ。

 

当然、地元当局は警戒を怠らず、「アメリカ人も日本人もその他の国籍も皆同様に我々にとって重要。観光地のセキュリティ態勢を強化する」旨の声明を出している。

 

まあしかし、正直フィリピンの警察も軍もあてにならない。

やはり身を守るのも自分次第か。

皆さん自己責任で十分注意して行動してください。

 

あ、ちなみにフィリピンで「爆弾ジョーク」を言うと逮捕される可能性あります。

おふざけで「爆弾を仕掛けた」とか絶対に言わないように。

ダメ、絶対。

 

見るからに平和なLine スタンプ
http://line.me/S/sticker/1054084

よかったらクリックしてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

セブに行くのはやめましょう” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。