【日本 vs フィリピン】労働力ってどう確保しようか・・・

2017年5月20日(土)  晴れ

 

 

現在日本に一時帰国中。

見るもの全てが珍しい。

 

整然とした街並み、スーツを着て仕事をする人、スムーズに流れる自動車たち。

フィリピンと比較するとその違いが際立つ。

 

さて、週末の今日は資料探しのために近所のイオンモールへ。

すると AKB48 の『恋するフォーチュンクッキー』を歌う奇妙な声が聞こえてきた。

声のする方向へ行ってみる。

 

 

あれ? えーと・・・

 

なんか動いてる・・・

 

 

 

あ、踊ってるのか!?

 

なんとロボットが歌いながら踊って客寄せをやっていた。

そして歌い終わったら普通に客と会話しながら『接客』している・・・。

 

これって、日本では普通なのか?

 

 

人口減少、特に若い労働力の減少が叫ばれて久しい日本。

いずれ単純労働は AI に取って代わられる』と言われてからすでに10年以上。

 

もうすでに接客レベルのタスクはロボットが取って代わろうとしている。

今の日本人は何か特別なスキルやインテリジェントな仕事を身につけなければロボットに仕事を奪われてしまう時代なのだ。

 

一方、フィリピンは人口ピラミッドが綺麗な三角形を形成する国。

フィリピンの平均年齢は23歳。(日本は45歳)

若い労働力が溢れているのだ。

問題は、無駄にスタッフが多い

 

img_7002

日本ではワンオペでできそうな仕事でも大抵4〜5人のスタッフが配置されている。

そして、そのうち3〜4人が何もしないでぼーっとしている。

人的資産の無駄遣いだ。

 

しかし、フィリピン人を使う経営側としては仕方のない面もある。

彼らは仕事に対しての取り組みが日本のように真剣ではない。

そのため、遅刻・欠勤が当たり前。

ある程度多めの人数を確保しておかなければ回らないのだ。

 

しかし、余っている労働力をそのままにしておくのは本当に無駄だと思うが・・・。

労働力の足りない日本に余ったフィリピン人を送り込めないだろうか。

 

 

しかし、日本人はフィリピン人労働力を導入するよりロボットを開発して労働力に当てることを選んだ。

だって、ロボットは遅刻も欠勤もしないし文句ひとつ言わないからね。

 

いや、正しい選択だと思う。

 

日本でも人気。 Line スタンプ
http://line.me/S/sticker/1054084

今日もクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。