フィリピン国歌が本気を出すようだ。『熱唱』しないと法律違反!?

2017年6月29日(木)  晴れ。

 

 

不思議な国、フィリピンに関する不可思議なニュースがまたも飛び込んできた。

フィリピン下院でこのほど、全国民に国歌を「熱心に」歌うよう義務付ける法案が可決された。違反した者には1000~2000ドル(約11万~22万円)の罰金や、最大1年の禁錮刑を科すことも定められている。

引用:CNN日本語サイトより

なるほど・・・

フィリピン人が愛国心に溢れていることは承知しているが、ここまで法律で規定するとは日本ではちょっと考えられない。

 

philippines-2132716_640

 

 

ミンダナオ島では、マラウィを中心に IS 勢力との戦闘が激化し、混迷を極める現在のフィリピン。

国歌の歌い方云々を議論している間に他にやることはないのだろうか・・・

 


ちなにみ日本の国歌は『君が代』ですが、正式に国歌と定められたのは、1999年(平成11年)に『国旗及び国歌に関する法律』が施行されてから。

つまりそれまでは、慣例的に『君が代』を国歌のように扱っていたが、法的には日本国には国旗も国歌も存在していなかった。

国歌が正式に制定されてから、意外と歴史が浅いのだ。(国旗は『日章旗』)。


 

さて、そんなフィリピン国歌。なにも逮捕しなくてもいいだろうに・・・

日本では学校行事で君が代斉唱に参加しない教師などが話題になったりするが、フィリピンではありえない。

先日も、某語学学校で卒業する人に向けて在校生がフィリピン国旗に寄せ書きをしていたところ、それを見たフィリピン人スタッフが猛烈に激怒して有無を言わさず国旗を取り上げるという『事件』が起きた。

取られた日本人は、何が起きたのか理解できなかったが、国旗に文字を書き込むことは国家に対する侮辱として、法律で禁止されているらしい。

それほど、国旗・国歌に関する事柄は繊細なのだ。

 

しかし、どうやって『熱心』に歌っていると判断するのだろうか。

 

記事によると・・・

熱心さが足りないと判断する基準は明記されていない。

 

出たあ・・・フィリピンっぽいなぁ。

 

だが、実際にフィリピン国家の歌詞を全て覚えていない国民もいる点が問題視されているようだ。

法案はこのほか、(1)全ての公立、私立学校の生徒は国歌を覚えること(2)原曲に忠実に、楽器だけの場合は4分の2拍子、歌う場合は4分の4拍子、1分間に100~120拍のテンポで演奏すること(3)全員起立し、国旗に注目すること。国旗がなければ楽団と指揮者に注目すること(4)国歌を侮辱する行為は違反とみなすこと(5)宗教上の理由で国歌を歌えない者は十分な敬意を払い、気を付けの姿勢を取ること――などを定めている。

 

今後のナショナリズムの台頭が少し心配。

しかし、本法案が施行されるには上院での可決と大統領署名が必要。

ドゥテルテさん、署名するのかな・・・

 

 

あと、外国人にもこの法案適用されるのだろうか。

今後が気になる・・・。

 

タガログ語の歌詞はわかりません。 Line スタンプ。
http://line.me/S/sticker/1054084

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。