【台湾】台北で音楽イベントをやってきた。

2017年7月3日(月)  晴れ時々雨

 

 

大家好。

先週より仕事で台湾にいる。なので、残念ながらセブのネタではない。

 

もうかれこれ、台湾に来るのは20回以上になるかと思われる。

台湾で日本のミュージシャンと台湾のミュージシャンを集めた音楽イベント『台日友好音楽会 音繋』を定期的に開催しているのだ。

前回は、去年の12月に台北と台中で実施したが、今回は台北のみ。

 

 

去る7月1日(土)。

東京、福岡、沖縄、台北、そしてセブからメンバーが集合。

日台のメンバーが集結してライブが開催された。

 

img_8573

今回の会場はこちら。

海邊的卡夫卡(海辺のカフカ)』という、台湾の音楽業界ではよく知られたミュージックカフェ。

お気づきかと思うが、店名は村上春樹の小説タイトルからきている。

オーナーがハルキストなのだ。

 

今回のメンバーは4組。

今回は日本からキーボードのサポートがいたのだが、さすがにあの大きなキーボードを日本から持ってくることはできない。

しかし、台湾の会場は意外とキーボードを置いていないところが多く、今回のカフェにもキーボードがない。

 

そこで、レンタルすることになったのだが、台湾ではあまり楽器レンタルをやっているところがないようだ・・・

img_8566

ようやく見つけた楽器店。

しかし、ここが会場からかなり遠かった・・・

ライブ当日、ひとりでキーボードを引き取りに行ったのだが、途中で雷雨になるわ、店員さんが英語も日本語もダメだったので、どうなることやらと思った。

キーボードをレンタルしたはずが、マイクとアンプを奥から取り出してきて私に渡そうとする・・・

まさか・・・キーボードの予約入っていないんじゃ・・・

一瞬焦ったが、確認したら店員さんが帳簿を見間違えただけだった。ふぅ〜。

 

img_8568

なんとか借りることができたが・・・

 

こいつがまた馬鹿でかい!

 

今時、日本でこんなでっかいハードケースに入ったキーボードなどない。

重い・・・泣きたくなる。

お店にタクシーを呼んでもらったが、来るまでに20分も待たされた。

ライブリハーサルに間に合わない(汗)


 

と、ドタバタしたがなんとかリハに間に合い、ライブスタート。

img_8579

一組目は、当日の午前に沖縄から到着したばかりの Nami-hey!

彼は、フジテレビ系の『ハモネプ』という番組でチャンピオンになったのがきっかけでデビューしたボイスパーカッションの使い手。

オープニングアクトでボイパを披露。
台湾では、あまりボイパが珍しい存在なので、お客さんも興味津々。
時折、中国語を織り交ぜていたが、基本的に流暢な英語で終始MCをしていた。
あまりに英語がうまいのでびっくりしたが、特に勉強はしていないそうだ。

沖縄の正装、かりゆしウェアを纏って、沖縄民謡をボイパにアレンジしたりするなど面白いパフォーマンスだった。


 

img_8584

二組目は大阪出身のシンガーソングライター、東木 瞳

10年くらい前に上海でライブをやったことがあるとのことで、当時覚えた中国語の自己紹介でスタート。かなり流暢な中国語だったので驚いたが、自己紹介だけマスターしたらしい(笑)

前日に、夜市のお店で買った計算紙に曲のタイトルを中国語で書いて、お客さんに披露。
頑張って英語と日本語を織り交ぜてMCをしていた。

途中でテレサ・テンの曲のカバーを披露するとお客さんも大喜び。
一番を中国語、二番を日本語で歌って会場を盛り上げる。


 

img_8590

三組目は、日本人でありながら二胡の弾き語りで、台湾の音楽シーンで大注目されている里地帰

台湾関連のイベントには必ず呼ばれ、さらに台南や嘉義などの都市の行政から招待されて、音楽活動をするなど、かなり台湾での活躍の場を切り開いている。

MC は完全に中国語。もうペラペラ。
そもそも二胡で弾き語りをやるというのは、かなり異色のアーティストだ。
日本語の曲だけでなく、中国語のオリジナル曲も披露。

客席から自然と拍手が沸き起こるなど、かなりの盛り上がりを見せた。


 

img_8592

最後は、台湾のシンガーソングライター、 PiA

彼女には昨年のイベントにも出演していただいた。
台湾での人気は絶大。TED Talk にも出演したこともある。
今年は日本でのライブも積極的に実施している。

半年前にイベントに出演してもらった時は、日本語がほとんどできなかったのに、今回のライブでは『日本からアーティストが来ているから』とのことで中国語と日本語で終始 MC を実施。

ジョークまで完璧な日本語で会場を湧かせていた。
おまけに前回日本に旅行に来た時、電車の中でなんとなく作曲したという日本語のオリジナル曲まで披露。
日本語の上達スピードが尋常じゃない!

本人に聞いても『日本のドラマを見て覚えた』とか言っている。
語学留学ビジネスに携わっている身としては、その上達の秘訣を是非知りたいところだ・・・


 

わずか二時間のライブだったが、とても良いイベントだった。

同時に、台湾でのライブの手配や集客、楽器の予約から会場とのやりとりなど、まだまだ毎回勉強させられる。

ビジネスとしてしっかり結果を出すためには、これからも勉強が必要だ。

今回は、たくさんの人の協力のもとでイベントを成功させることができた。

謝謝。

 

本当は、セブでも日本のアーティストを呼んでイベントをやりたいのだが・・・

以下の理由で当分実施することはできなさそうだ。

  1. 日本語のオリジナルソングがフィリピン人にはウケなさそう。
  2. 事前に手配したことが、その通りに実施されずに混乱を招きそう。
  3. 有料のライブにフィリピン人がお金を払うか疑問。
  4. スケジュール通りの演奏はまず無理。

実際、知り合いのフィリピン人がやっているバンドのライブに呼ばれていったことがあるが、9時スタートと聞いていたのになかなか始まらず、深夜11時にようやくライブスタートという状況だった。

お客さん、もう帰って寝る時間だろう・・・

 

さて、もうすぐセブに帰ります。

セブネタはまた今度。

台湾で結構売れてます。 Line スタンプ。
http://line.me/S/sticker/1054084

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。