【セブ vs 台北】セブとは比較にすらならない。便利さはもはや東京をも凌駕する・・・

2017年7月4日(火)  晴れのち雨

 

 

台湾では、滞在5日間で天気予報は全て雨。
しかし、外に出て活動している時はほとんど晴れていてくれた。

 

さて、前回台湾を訪れたのは半年前の2016年12月。
あれから、まる6ヶ月経過して変わったこと。

 

桃園国際空港に MRT が乗り入れた。

 

今年の3月に台北駅と空港を結ぶ MRT が開通したのだ。
それまでは、長距離バスかタクシーしか選択肢がなかった。

タクシーだと空港から台北市内までおよそ3000元(NTD)。

しかも、クレジットカードが使えない。

稀にクレジットカード対応可の車両もあるのだが、あまりお目にかかれない。

 

 

img_8519

空港の中に燦然と輝く『 MRT 』の文字。

これで台北駅まで160元。安い。

 

空港から終点の台北駅まで、所要時間はおよそ1時間。

終点で降りれば良いので、車内で携帯SIMの設定とか、旅程のチェックとかに没頭できる。

大渋滞で橋の上で立ち往生し、チェックインに間に合うかどうか毎回ハラハラするマクタン・セブ国際空港とは大違いだ

 

img_8522

終点の台北駅。

竹が生えてる・・・

なんとも近代的で綺麗な建物だ。

 

ここから、MRT の他の路線に乗り換えて、台北市内を縦横無尽に移動開始。

もちろん、タクシー乗り場もすぐ近くにある。

 

img_8619

しかし、空港線の MRT 台北駅の真の凄さは、帰国の際に発揮される。

上の写真、ここは空港ではない。

MRT の駅だ。

 

なんと、MRT 台北駅ですでに航空機チェックインができる!

 

しかも荷物を預けることも可能。

つまり、早めにチェックインして身軽な状態でゆっくり空港へ移動できるのだ。

 

img_8620

どう見ても、もはや空港出発ロビーにしか見えない。

残念ながら、対応しているのは中華航空とエバー航空のみ

しかし、日本へ帰る際はこの2社を使うことが多いので便利だろう。

 

img_8621

荷物を預ける必要がない人は、自動チェックイン機もある。

マニラ空港でも自動チェックイン機を見かけるが、セブから乗り継ぎだとすでに機械でのチェックイン締め切り時刻を過ぎている場合がほとんど・・・

 

img_8622

機械の使い方がわからなければ、航空会社の職員がサポートしてくれる。

中華航空とエバー航空の職員が並んで作業していたりして面白い。

 

img_8623

あとは、すぐ脇の改札から電車に乗るだけ。

もちろん、時間があれば手ぶらの状態で市内を回ることもできる。

空港のカウンターと違い、駅のカウンターは朝からチェックインできるのだ。

 

東京にも箱崎に T-CAT があるが、いまいち便利さがわからない。
リムジンバス利用者向けだから電車利用の人はメリットがほとんどない。

成田空港利用者には東京駅や日暮里駅にチェックインカンターを作ってくれた方が100倍ありがたい。羽田利用者には品川駅だ。

 

もはや台北の便利さは東京以上かもしれない。

セブとは比較するだけ時間の無駄なので、考えないことにする。

 

台湾の友人も絶賛使用中。 Line スタンプ。
http://line.me/S/sticker/1054084

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。