食中毒:海外一人暮らしは死と隣り合わせ!?

2017年7月21日(金)  晴れのち雨

 

 

遂にこの時が訪れてしまった。

セブ在住丸2年。ここに来て初めて・・・

 

食中毒に冒される・・・

 

語学学校のマネージャー時代は、日本からくる留学生がお腹をやられては病院へ連れて行くということがしょっちゅう発生していた。

清潔な生活環境で暮らす日本人の胃袋はデリケートすぎてフィリピンではイチコロだ。

 

それでもこの2年、私は幸いなことに食中毒になったことがなかった。

若かりし頃は、海外生活をしていたこともあるし、アジア、東ヨーロッパ、中東、南米と渡り歩いてある程度免疫ができていたのかもしれない。

そうは言っても、かつてトルコの片田舎で食中毒になった時は、通りすがりの学生を捕まえて病院へ連れて行ってもらい入院したことがある。あの時は死ぬかと思った・・・。

 

さて、今回の顛末はこうだ。

 

7月19日(水)

某語学学校のフィリピン人校長と会食。
セブでは比較的高級とされるフィリピン料理のレストランで食事をする。

・ポーク BBQ
・茹で海老のチリソース和え
・チキンをパンダンの葉で包んだもの
・ココナッツジュース

これらを美味しくいただき、仕事の話を進める。

食後、ラディソン・ブルーホテルのラウンジで食後のお茶を楽しんだ後、帰宅。

 

7月20日(木)

(午前6:30)
起床。なんとなくお腹の調子が悪い。
しかし、最近お腹が緩い日が続いていたので「いつものこと」と思いお手洗いへ。

しかし途中からどうもお腹の痛さが尋常でなくなってくる。
そして、座っているのも苦しくなる。

(ん、何かがおかしい・・・)

そうしてお腹を下す。
それも通常の下し方ではなかった(詳細は差し控える)。

さらに吐き気。

 

(午前7:00)
まだお手洗いから動けず・・・。
その場に止まったまま、携帯で「食中毒の対処」を検索。

どうやら症状によって対処が違うようだ。
しかし、共通していることは「水分をたくさん摂取すること」。

この時点で、腹痛、吐き気、頭痛に悪寒で身動きが取れなくなる。
座っていることも辛い。

 

(午前8:00)
頑張って嘔吐する。
幸いにも胃の中は空っぽのようで、胃液しか出ない。

立っていることもできず、ベッドに這い戻る。
しかし、横になっているのも苦しい。体がガタガタ震えだす。

医者に行くこともできず、知人のフィリピン人に救援を要請

こういう時、一人暮らしだと薬を買うことも病院に行くこともできない・・・

ついでに前夜に一緒に食事した語学学校校長にも連絡する。

 

(午前9:00)
室温は30度近くあるのだが、身体が冷え切ってガタガタと震えが止まらない。

そこへ、フィリピン人の助っ人が到着。

薬とポカリスエット(粉末)を携えてやってきた。

img_8804-1

とりあえずこれを飲め

 

そう言って、謎の液体を飲まされる。

海外でよくわからない薬を飲むことほど恐ろしいことはない

しかし、その時の私に選択の余地はない。

 

(午前10:00)
その後、特に何の変化も感じないまま苦しくて呻き声をあげる。

時折、吐き気を催しお手洗いへ駆け込む。
しかし、自力で立ち上がるのもままならず、フラフラの状態。

冷え切った身体の震えが止まらない。

空のペットボトルに熱湯を入れてもらい、それを抱えたまま冬物のパーカーを着込んでベッドに潜る。

 

(正午)
知人は仕事に行ってしまったので、一人取り残される。

その間、作り置きしてくれたポカリスエットと抗生物質を飲む。

img_8803

その間、ベッドから起き上がることもできず・・・

抗生物質は『4時間おきに飲め』と言われた。

 

(午後3:00)
ようやく身体の震えが収まりだす。
さらに吐き気が収まり、身体を起こせるようになってくる。

薬を飲む際は何か食べたほうが良いということなので、キッチンにあったインスタントのコーンスープを作って摂取。

そうして抗生物質とポカリスエットを飲む。

そしてまたベッドに戻る。

 

(午後7:00)
抗生物質摂取。

 

(深夜12:00)
眠ってしまい、抗生物質を摂り忘れたので慌てて飲む。

 

7月21日(金)

ひととおり自力で動けるようになり、通常生活に戻る。

しかし、食事はあまり取れない。
そして、今でも胃がチクチクと痛む。

 

こうして、丸一日を棒に振ったわけだが、なんとか順調に回復しつつある。

しかし、海外で一人暮らしだと病気になった場合に対処のしようがない。

 

しかもここフィリピンで外国人の私は無保険の身。

 

病院に行けたとしても費用が高くなってしまう・・・。

ちなみに海外旅行保険は帰国日が決まっていないと入れない。

日本の住民票も抜いてしまっているので、帰国したところで日本の健康保険もないのだ。

私のセーフティネットはアドレス帳に乗っている知人のみ。

 

今朝、洗面所で鏡に映る姿を見たらげっそりとやせ細っていた。

セブ島ダイエット武者修行』って、体重落とすだけならこれで目標達成かもしれない・・・

 

ちなみに、私と一緒に食事をとったフィリピン人はまったく何事もなかったかのようにピンピンしているという。

さすが野生の国で育ったフィリピン人だ。胃袋も動物並みに強いのかもしれない。

 

さて、今日から必死に仕事の遅れを取り戻さねばならないのだが、大学のレポート提出も迫り焦る。たった1日の遅れが致命傷になりつつある・・・。

 

お腹を大切に。Line スタンプ。
http://line.me/S/sticker/1054084

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。