【悲報】セブのテレビが見れなくなった顛末

2017年8月8日(火)  雨のち晴れ

 

 

セブでの生活に潤いをもたらすもの。それはテレビ。

小さな頃からテレビっ子として育った私は、テレビが大好きなのだ。

一人暮らしで家にいると退屈なもの。
しかし、テレビから音が出ているだけでなんとなく落ち着ける。

それにニュース番組や映画、ドキュメンタリーは英語で放送されているので、フィリピンでもテレビを見ると英語のメンテナンスができる。

 

さて、いまから1週間ほど前。

7月31日にそれは突如として起こった。

img_9196

 

テレビが映らない・・・

 

しかし、ここはフィリピン。慌ててはいけない。

これまでもなんらかの拍子で突然信号が受信できなくなることがあった。
しかし、数分から数時間後には復旧したものだ。

ただ・・・一向に復旧しそうにない。

 

私には思い当たる節があった。

 

『6月の受信料を払っていない。』

 

しかし、それには理由があった。

5月の支払いの時に実際よりも多めに料金を支払っていたので、6月分が相殺されるはずなのだ。

実際、私は6月分の請求書を受け取っていない

 

でも、フィリピンならなんらかの手違いで支払いが記録されていないこともあり得る。

なんたって、基本的にヒューマンエラーが発生することが前提の国なのだ

 

一抹の不安を抱えたまま、私はその日の夜にシンガポールへ旅立ってしまった。

 

5日後、セブへ戻ってきてテレビをつけるが、やはり状況は変わらず。

そんななか、7月分の請求書を受け取る。

img_9199

料金を見てみると、やはり前回多めに支払った分が差し引かれている。

通常は一月 300ペソ 程度の請求だが、7月分は 103.13ペソ。安い!

 

念のため、1000ペソ払ってみる

これで数ヶ月は料金が相殺されるはずだ。

 

その夜、帰宅してテレビをつけるが、状況は変わらず。

まあ、即日反映されることはないだろうな。

 

しかし、翌朝も状況は変わらなかった。

ふと、気になる表示が・・・

 

インプットソースが『 HDMI 2』になっている。

 

img_9197

 

たしかに、加入しているケーブルテレビのチューナーは外部接続でつないでいる。

しかし、『HDMI 1』と『HDMI 2』があったらわざわざ『2』の方に接続するだろうか?

 

恐る恐る表示を『HDMI 1』に切り替えてみる。

 

img_9198

あ、映った。

 

これって・・・ひょっとして・・・

 

そう、全ては私がなんらかの拍子に外部接続のラインを切り替えてしまっただけだったのだ。

つまり、料金の支払い云々は全く関係がなかった。

 

ヒューマンエラーの発信源は私だった。

 

散々、フィリピンのことを疑っておいて、実際は自分のせいだという。

反省・・・。

 

なんでもフィリピン人のせいにしてはいけません。

 

教訓:『まず自分を疑ってかかれ!』

 

 

反省します。 Line スタンプ。
http://line.me/S/sticker/1054084

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。