【フィリピン人習性】見た目が命! ◯◯に群がるピノイたち。

2017年8月16日(水)  雨

 

 

おととい、午後から Robinson’s Galleria というショッピングモールを訪れた。

先日イミグレーションでビザの更新をしようとしたが臨時休業だったので、こちらのモールにもイミグレーションがあるとの噂を確かめにやってきたのだ。

こちらも参照:
【ビザ延長】トラップに気をつけろ!

 

結果的にこちらのショッピングモールにイミグレーションはなかったのだが、私はこの Robinson’s Galleria が比較的好きだ。

その理由は、いつ行っても大抵空いているから。

消費大国のフィリピンでこんなに空いていて大丈夫かと心配になるが、私個人としてはその方が助かる。

 

さて、そんな閑散としたモールでも集客の努力はしている。

それは、フィリピン人の習性を利用した作戦。

なんだか野生動物を罠にかけるときの戦略に似ている。

 

フィリピン人の習性:

何かしらのモニュメントの前で写真を撮る。

 

それは彼らのDNAに刷り込まれた習性なのだ。

 

モールのメインゲートから中に入る。
そこには巨大なモニュメントが。

img_9249

6メートル以上はあるかと思われる巨大なギター。セブはギターの産地としても世界的に有名なのだ。

そして、そこへ群がるフィリピン人。

まるで樹液の塗られた幹に集まるカブトムシのようだ。

フィリピン人を捕まえるならモニュメントをおけば良い。

 

彼らはたとえそれが一度も食事をしたことのないレストランの看板でも写真をとってはフェイスブックにアップすることを忘れない。

「その場所へ行った」というエビデンスとなれば良いのだ。

あわよくば、投稿を見た人が『あの高級レストランで食事をしたのか!』と勘違いしてくれることを期待している節がある。

 

さて、そんな自意識過剰なフィリピン人が写真を撮るなら、当然自分たちの身なりが気になる。写真には完璧な姿で写りたいのだ。

 

そして、この Robinson’s Galleria には他にはない工夫があった。

img_9250

モニュメントの正面に姿見。

 

これで自分がどんな感じに写真に写るのかをチェックできる。

スマホのカメラをセルフィーモードに切り替えて画面に映る自分を見ながら片手で撮るという不恰好な姿を晒さずに済むのだ

 

最近、何気にフィリピン人が賢くなってきている気がする・・・

 

だが、一つ問題点が・・・

鏡の前でやたらと格好をチェックする集団が群がる。

 

これではモニュメントの前で写真を撮る人から鏡が見られない・・・

 

常に自分の容姿が気になるフィリピン人。

いっそ、壁面を全部鏡張りにしてしまおうか。

 

デブではない。ぽっちゃりです。 Line スタンプ。
http://line.me/S/sticker/1054084

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。