【運転免許】セブの辞書に「即日」という言葉なし?

2017年10月12日(木)  晴れ

 

 

セブでは連日道路が大渋滞。

毎日移動の度にタクシーを利用する身としては、高い運賃を払っている割には目的地までスムーズに到着できない。

そんななか、セブのストリート系ブロガー、モトボサツ氏がバイクを購入した。

 

バイクは最強です

 

最近の氏は会うごとにそんなことをいう。

渋滞の道路をかるく100台はごぼう抜きして走るのが快適だそうだ。

しかもこれまでタクシーで1時間近くかかっていた通勤ルートがほんの20分に短縮されたという。

5506228d
(フィリピン流バイクの乗り方)

やはり、私もバイクを買おうか・・・

 

しかし、そのためには必要なものが・・・そう、免許証。

もちろん日本の免許証は持っているが、フィリピンでは使えない。

そのため、日本の免許証をフィリピンの免許証に書き換えないといけない。

国際免許証は使えない。(本当は使えるのだが、地元警察が国際免許がなんたるかを知らないので通用しない)

 

フィリピンの免許を取得するには、まず日本領事館で日本の免許証の英訳書類を作ってもらう必要がある。

それをもって、LTO (Land Transportation Office)でフィリピンの免許証を発行してもらうのだ。

 

やって来ました、日本領事館。

img_9899-1

こちらへやってくるのにも「バイク」を使いました。ハバルハバルですが。

でも、渋滞の道をごぼう抜きでやって来たので、あらためてバイク欲しくなる。

img_9897-1

セキュリティガードに用件を伝えると、こちらの窓口に通されます。

誰もいませんが、ガードがブザーを押すと日本語堪能なフィリピン人スタッフが現れます。

 

提出するものは以下のとおり。

  1. 申請書(その場でスタッフからもらえる)
  2. 日本の免許証
  3. パスポート

 

申請書類を記入し、窓口に提出すると・・・

img_9896-1

このような紙切れを渡された。

今度の金曜日に取りに来てくださいね

 

あれ? 即日対応してくれるんじゃないの?

てっきり、午前中に英訳文書を取得して午後に LTO で免許をと考えていたのだが・・・

 

しかも 900ペソ。

以前はもう少し安かったらしいが、いつの間にか値上がりしている。

 

この国では何事も手続きが1日で済ませられることがない、というのはビザの更新で理解していたが・・・

詳しくはこちら:【リベンジ】人で溢れるイミグレーションでようやくビザ更新

 

まさか日本領事館でも同じことが起こるとは・・・

この国にいるとすべての業務がフィリピン流になるのだろうか。

 

さて、続きはまた英訳文書を取得してから再度お伝えしよう。

 

 

 Line スタンプ。
http://line.me/S/sticker/1054084

1120CEBU.png
こちらにも記事を書いています。

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

【運転免許】セブの辞書に「即日」という言葉なし?” への4件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。