【台湾】台北駅でフライトCheck-In。ストレスフリーな余裕の帰路。

2017年10月17日(火)   くもり

 
台湾最終日。

今回は比較的落ち着いた台湾滞在だった。

昼間は動き回っていたが、別に観光をする分けでもないので1日のうちに忙しなく移動することは避けて、疲れたらタクシーに乗り時間と体力をセーブすることに努めた。

夜はホテルの室内で仕事。WiFiがストレスなしにつながるのでありがたい。

 

最終日の今日は午前中をホテルで過ごし、昼前にチェックアウト。

午後の便で日本へ戻るのでまずは台北駅へ。

img_9992

台湾では台北駅で航空機のチェックインができる。しかも手荷物を預けることも可能だ。

出発の3時間前までに行けば受け付けてくれるので、先にチェックインを済ませ市内をのんびり見て回ることもできる。

もちろん大きな手荷物は既に預けているので重いスーツケースを引きずりながら空港までの長い道のりを移動する必要もない。

 

基本的には写真にあるようにセルフチェックインのマシンを利用する。

しかし、そのマシンの前に航空会社のスタッフが張り付いているので、彼らが全部手伝ってくれる。楽ちん。

img_9993

こちらが手荷物を預けるカウンター。もはや空港のカウンターと同じだ。

私は基本的にいつもバックパック一つでの行動なので荷物を預けることはない。

しかし、大きな荷物がある時は是非利用しようと思う。

 

残念ながら、台北駅でのチェックインはいまのところ中華航空とEVA航空のみ。

 

今回はEVAを利用したのでこちらでチェックインすることができた。

だが、次回セブからセブパシで台湾に来るとすれば、このサービスは利用できない。

 

img_9994

すぐ近くには税金払い戻しのカウンターまであった。

もはや通常の空港の機能がそのまま MRT の台北駅に移されているような状況だ。

img_9996

こちらは税金払い戻しのマシン。

もはや払い戻し機能までオートメーション化されている。

しかし、これどうやって使うのだろう?次回、要調査だ。

 

この事前チェックインの仕組みのおかげで、このあと駅構内のカフェでしばらくゆっくりできた。

そして MRT で空港に向かい、混雑するチェックインカウンターを横目に通り過ぎ、直接出国ゲートへ。

すでにボーディングパスが発行されているので、出国審査を済ませて免税店エリアを見て回る。

 

このシステムがあれば本当に余裕を持って出国できる。

おかげで空港での待ち時間の間に少し仕事ができた。

 

ますます便利になる台湾。

日本は次第に置いていかれている気がする・・・

 

 Line スタンプ。
http://line.me/S/sticker/1054084

1120CEBU.png
こちらにも記事を書いています。

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

【台湾】台北駅でフライトCheck-In。ストレスフリーな余裕の帰路。” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。