【比較】警戒心ゼロ?性善説の日本はフィリピン人には理解不能?

2017年11月23日(木)

 

外国に行くと日本と比べて治安の面で不安になる。

当然、旅行中は普段より警戒を怠らないようにするだろう。

 

それはフィリピンでも同じこと。

観光客が財布をすられるなんてことは日常茶飯事。

それだけでなく、現地に長年滞在している人でも財布を置き忘れたりしたら、もう諦めるしかない。気づいた時には財布や現金の所有権は別の人に自動的に移っていることだろう。

全ては自己責任。失くした方が悪いのだ。

 

実際、拾った財布を落とし主に届けたらニュースになるのがフィリピン!

こちらも参照;
Traffic enforcer, cops return wallet with P40,000 to foreigner

例え拾い主が警察官であっても、落とし主に正しく届けられるなんてことは大事件なのだ。

実際、このケースでは届けた警察官は「表彰」されたらしい・・・

 

フィリピンでは昼間警察官として働いている人も、夜になると強盗として人家に押し入るなんて事件が日常茶飯事。この国にモラルなど存在しないのだ。

 

さて、祭日の日本。

本日はあらゆる観光地が人で賑わっていた。

 

友人と訪ねたとある観光地。

土産物屋を物色してみる。

img_0796

友人がみやげを買おうとして店員を探すが、観光客が多いらしく店員が出払っている。

無人となる土産物コーナー。

img_0797

裏に回ってみるが、店員の姿はない。

商品、持って行かれないのだろうか・・・

 

商品の値段を知りたかったので、販売台に近づいてみると・・・

img_0794

おお、現金がむき出しで放置されている・・・

今までなら大して気にも留めなかったが、フィリピンに長く滞在していたせいでカルチャーショックを受けた。

考えられない!現金が放置されているなんて・・・

フィリピンなら財布でもスマホでも5秒目を離したらもう姿を消してしまう。

 

いやぁ、それだけ日本が安全ということなのかもしれないけど、ちょっと他人を信用しすぎじゃない??

 

danao3b

一方、フィリピンのお店はこんな感じ。

そもそも最初から客を信用していないので「完全防備」。

 

性善説の日本 vs 性悪説のフィリピン

 

やはり、この両国は全く逆のベクトルで動いているようだ。

 

 

 Line スタンプ。
http://line.me/S/sticker/1054084

1120CEBU.png
こちらにも記事を書いています。

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。