【パクリ問題】ダイソー模倣店舗乱立!もはやどれがどれをパクったのか?

2017年12月21日(木)

 

 

アジア諸国には著作権意識の欠如から【パクリ問題】がしばしば生じることはご存知であろう。私だって知っていた。

そんな中、日本の百円均一ショップ『ダイソー』を模した『MINI SO』なる店舗(日本国内での名称はメイソウ)が SM セブシティに堂々とオープンしたことは以前このブログでも紹介した通り。

こちらを参照:
【MINISO】100% 日本品質?? しかし◯◯までは模倣できず・・・

 

MINI SO では販売価格は均一ではないが、日本のダイソーでも扱っていそうなおしゃれな生活雑貨が並んでいる。むしろデザインだけを見ればダイソーよりいいかもしれない。

それに店のロゴはユニクロを模したとしか思えない赤地に白抜きの文字。

ローマ字版のロゴとカタカナのロゴの両方を用意している点もユニクロそっくりだ。

無知なフィリピン人は日本企業だと信じ込んで、連日店に足を運んでは「メイド・イン・チャイナ」の製品をありがたい日本製品だと思って購入している。

 

ところで、先日グアダルペ周辺を知人の運転する車で移動していた際、車窓から MINI SO の路面店を見かけた。

ついこの前、SMモールに出店したばかりなのにもう2店舗目か!しかも今回は路面店とは!

 

あまりに感心したので、日を改めて近くに行った際に店舗に立ち寄ってみることにした。

img_0866-1

おお、あった。MINI SO・・・?

んん??

あれ? MINI SO じゃない!

 

よく見ると『 MINI Good 』って書いてある!

しかも、なんかハングルまで・・・

これはひょっとして MINI SO のパクリ!?

そもそもがダイソーのパクリである MINI SO をさらにパクった店舗が登場!?

 

これは、実際に店に入って調査せねば!

 

img_0867-1

店内に入るとカウンターの背後に白地のタイルの壁面とロゴマーク。

SM セブシティの MINI SO とまったく同じ構図だ。

241

まあ、もとを正せばそもそもユニクロのパクリだけどね。

 

実際に扱っている商品を見てみよう。

一見、ちょっとおしゃれな生活雑貨が並んでいるように見えるのだが・・・

img_0868-1

でも店内は雑然としている。なんだか一気にローカル色が濃くなる。

並んでいる商品も MINI SO ほどの洗練さは感じられない。

むしろクオリティがだいぶ落ちたように見える。

 

ただ、値段はどれも驚くほど高い。

コロン周辺なら30ペソで売っていそうなペンケースが240ペソとか書いてある。

誰が買うのだろう・・・?

 

 

logo

ちなみに左が MINI SO のロゴ。そして右が MINI Good のロゴマーク。

赤地に白抜きの文字バッグの形スマイルマークの配置・・・

これをパクリと呼ばずに何と呼ぶのか。

訴えられてもおかしくないレベルだ。

まぁ、もとを正せばユニクロのロゴのパクリなのだが(汗)

 

そして商品を手に取ってみると、簡体字の中国語の製品名と謎の日本語サブタイトル。

もはや中国製であることを隠すことすらしない。

このあたりは『 JAPANESE DESIGNER BRAND』と銘打って、日本企業に成りすましている MINI SO とは異なる。

そして、ライセンスの問題がクリアになっているのか怪しい商品も・・・。

 

img_0871-1

商品には丁寧に MINI Good のロゴマークが印字されている。

どうやらセレクトショップではなく、きちんとオリジナルブランドを扱っているようだ。

img_0870-1

ここにもロゴが・・・って、あれ?

DEMISU??

img_0872-1

こっちは、UNISO??

もはや MINI Good ですらない・・・

これは、MINI Good の別ブランドなのか?

それとも中国本土で似たようなブランドが乱立して、一緒に仕入れてきたのか?

どっちなのかよくわからない。

 

パクリ店舗をさらに別の店がパクる・・・カオスだ。

しかし、店員に聞くところによれば、この店は昨年2016年5月にこの場所に出店したとのこと。

そうなると先日 SM モールに出店した MINI SO よりセブ進出は先だ。

あれ? ひょっとして MINI SO が MINI Good を模倣・・・?

いや、そんなはずは・・・

 

もはやどれがどれをパクったのか全くわからない状態だ。。。

おそらく中国本土に行けば、似たようなブランドが何百と乱立しているのかもしれない。

 


 

また、昨日マンダウエのパークモールへ行ったところ、韓国のダイソー模倣ブランドである YOYOSO が新たに出店していた。

img_0884

MINI SO の出店と時を同じくして、アヤラモールの中にも YOYOSO は出店している。

靴下から最新3D VRグラスまで取り揃える MINI SO に比べ、YOYOSO はどちらかというと女性向けのオシャレかわいいメークアップグッズや文房具が中心といったところか。

 

YOYOSO については、先日セブNO1ブロガーのモトボサツ氏の記事に詳しく書いてあったのでそちらを参照すると良いだろう。

こちらを参照:
【堂々】「コリアンが正面から名乗り始めた」MINISOに続きYOYOSOオープン

 

しかし、これだけでは終わらなかった。

パークモール内を歩いていると、先ほどの YOYOSO からほど近いエリアに新たにオープンした店舗が・・・

 

img_0886

なんと今度は MUMUSO !?

こちらも韓国のダイソー模倣店のようだ。

店内に足を踏み入れると、フィリピン人スタッフが「アンニョンハセヨ!」と韓国語で挨拶。

そして、店を出る時には「カムサハムニダ」とこれまた韓国語!

しかも扱っている商品は YOYOSO とほぼ変わらない・・・

 

同じモール内に2店も似通った店は不要だと思うのだが。

それにしてもいくら同じような形態の店舗だからって、ネーミングはなんとかならんものなのだろうか? これじゃ、どちらかが真似していると言われても文句が言えないだろうに。

 

しかし、MINI SO はじめ、どれもダイソーに倣って名前の末尾を SO にしているのが笑える。というか「工夫がない」。

扱っている商品も悪くないのだから、オリジナルのブランディングすればいいのに。

 

まぁ、現状でもフィリピン人はどれもありがたく買っているので、すくなくともセブでは成功していると言えるのかも知れない。

また新たにこれらに続く「◯◯ SO」が出てくるかもしれない。

しばらく観察を続けよう。

 

 

linestamp

1120CEBU.png
こちらにも記事を書いています。

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

【パクリ問題】ダイソー模倣店舗乱立!もはやどれがどれをパクったのか?” への2件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。