【雨天】フィリピン人は英国紳士!?

2017年12月23日(土)

 

 

このところ連日の悪天候。

朝から雨が降っていることもあるし、晴れていたのに突然雨が降り出すことある。

おかげでここ数日、気温も若干低いように感じる。

 

風も強いし何事かと思っていたら、どうやら台風がフィリピンに接近している様子。

all-00

日本の気象庁のウェブサイトにしっかり情報が掲載されていた。

現在、台風27号がフィリピンの周りをぐるぐる行ったり来たりしているようだ。

先週も台風26号が通過したばかり。

12月にもかかわらず、フィリピンは台風祭りだ。

 

さて、話は変わるが、私はかつて若かりし頃に英国ケンブリッジで暮らしていたことがある。

英国といえば、欧州でも天候の悪い国としてよく知られている。

倫敦ではどんよりとした空模様の日も多く、雨が降ることも多い。

「Rain, rain, go away」とわらべ歌でも雨を呪う気持ちが現れている。

 

そんな英国に関してよく言われるのが、

「英国紳士は雨が降っても傘をささない」

ということ。

 

単なるステレオタイプかと思ったが、実際英国に住んでみてわかったが、英国人は本当に傘をささない

 

一方、フィリピンといえば一年中暑い気候が続くものの、乾季と雨季に分かれており、雨季には毎日雨が降り注ぐ。

そんな雨模様のセブで、人々は雨に濡れるのをどう考えているか・・・

img_0898

う〜ん・・・

見たところ、雨に濡れても気にしない様子。

 

以前、土砂降りで道路が冠水した際に子供達がドブ水も混ざっているであろう水たまりで泳いでいる姿を見て衝撃を受けたことがある。

まさか雨をシャワー代わりだと思っていないだろうな?

 

英国では雨が降っても比較的短時間ですぐ止むことが多い。

さらに空気が乾燥しているので、濡れてもすぐに乾く。

それゆえに傘をささなくても大丈夫なのだろう。

 

しかし、フィリピンは高温多湿の熱帯性気候。

雨が降っていなくてもじっとりと蒸し暑く、肌やシャツが湿り気を帯びるというのに・・・

 

ずぶ濡れでも気にしないのはなぜか?

どうせ晴れてても湿気で濡れるから関係ないのか。

ただ単に傘を持っていないだけか。

 

今度フィリピン人に直接聞いてみるか。

 


linestamp

1120CEBU.png
こちらにも記事を書いています。

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。