【ドゥマゲティ(1)】暮らしやすい?脱セブ組が集う街。

2018年1月20日(土)

 

 

この週末はセブではシヌログ祭り一色となる。

フィリピン内外から約400万人が集まり、携帯のシグナルは止められ、すでに渋滞しているメインストリートは通行止めとなり、さらなる交通マヒを引き起こす。

セブ在住の身としては迷惑なことこの上ない。

というわけで、我々はシヌログ期間中の混乱を回避するため、セブを離れることとした。

 

_MG_0558

3台の自動車に分乗して、我々一行は一路南へ進路をとる。

途中、車窓からオスロブや沖合のスミロン島を見ながらさらに南へ。

 

_MG_0561

いや、途中下車して小休憩。

ぞろぞろと日本人もフィリピン人も海沿いのスペースで休憩という名の写真撮影大会。

あの・・・まだまだ目的地は先ですよ・・・

 

img_1086

そうしてやって来たのは、セブ島南端のリロアン乗船場。

波止場に自動車3台を停めてフェリーを待つ。

 

_MG_0562

1時間ほど待ってようやく現れたフェリーに乗り込む。

自動車はバックで乗船。そうしないと下船するとき苦労するからね。

ちなみに一般的にフィリピン人はバック運転がものすごく下手。

ショッピングモールなどの駐車場でも基本的に頭から突っ込む注射スタイルだ。

 

_MG_0564

フェリーの向かう先にはすでに目的地の島が見えている。

そう、そこはネグロス島。

 

ちなみにセブ在住2年半にもかかわらずセブ島からほとんど出たことのない私は、ネグロス島初上陸。

向かう先はネグロス島南東の都市、ドゥマゲティ。

 

セブと異なり、アスファルト舗装の道路が目立つ。

道路脇にはゴミなどは目立たず、渋滞もなければ空気の汚れもない。

なんだかそれだけで良さ気な街だ。

 

img_1092

裏通りに入ると自動車はほとんど見かけず、バイクが行き交う。

そして、ほぼ100% ノーヘル。

 

行き交うバイクの中に警察官の制服を着たノーヘルのライダーがいた。

ひょっとしたらドゥマゲティでは合法なのか?

 

さらに制服姿の女子高生(ノーヘル)が同級生2名(ノーヘル)を後ろに乗せて、3人乗りでバイクを運転している姿も見かけた。免許持っているのか??

 

ドゥマゲティは小さな街だ。しかし、清潔。

セブのように民家の塀に落書きが施されているようなところは一切ない。

 

ただ、セブには当たり前のようにある Bo’s Coffee のようなチェーン店もない。

img_1093

スタバも見かけないが、スタバっぽい看板のカフェなら見つけた。

 

今回は、ドゥマゲティ在住の日本人宅も何組か訪ねた。

その多くが、以前セブに住んでいたことがあるという。

しかし、彼らは言う。

 

「日本食材が手に入りにくかったりといった不便はあるけど、ドゥマゲティはセブより暮らしやすい」

 

そう、彼らは敢えてセブを離れてこの地を選んだのだ。

それだけの価値がある場所なのか?

次回は、もうすこしこの街のことを深く調べてみよう。

 


linestamp

1120CEBU.png
こちらにも記事を書いています。

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

【ドゥマゲティ(1)】暮らしやすい?脱セブ組が集う街。” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。