【結婚式】フィリピンらしからぬ?ノンアルコールの健全なウェディング

2018年1月30日(火)  晴れ

 

 

昨日は友人の結婚式が執り行われた。

日本人とフィリピン人の組み合わせの式は出席したことがあるが(大抵の場合、日本人の夫とフィリピン人の妻の組み合わせでその逆は極めて稀)、今回は新郎も新婦もフィリピン人。

フィリピン人同士の結婚式に参加する機会はなかなかない。

 

平日にもかかわらず、フィリピン全土から集まる新郎新婦の関係者たち。

日本人もフィリピン人も入り乱れて祝福ムードだ。

img_1262

式が始まり、入場してくる新婦。

そして、緊張した面持ちの新郎が新婦を迎える。

 

大勢の人たちに見守られながら、式は進行していく。

 

最後に夫婦の誓いがなされ、法的にも夫婦となるため、証人の前で書類にサインをする。

日本だと事前に二人で婚姻届を役所に提出してくることが多いが、フィリピンでは式の場でみんなの前で複数枚の書類にサインをして、結婚が成立したことを宣言する。

式の最後は新郎が日本語と英語であいさつ。

 

その後は、大勢集まった来賓をグループごとに分けて写真撮影。

私は「日本語グループ」の一員として写真に加わった。

 

その後は徒歩で披露宴会場へ移動。

img_1271

招待客は事前に座るテーブルが割り当てられており、会場の案内に従って着席。

披露宴の司会者は英語、ビサヤ語、日本語を駆使して式を施行させる。

ちなみにこちらのお二人は、それぞれ英語講師の仕事をしているのできれいな英語を話す。

 

img_1277

披露宴会場に入場する新郎新婦。

早速写真を撮りまくる出席者たち。

 

この日の食事はビュッフェ形式。

正直、みんながビュッフェに殺到して混乱するのではないかと危惧していた。

しかし、今回の披露宴では、テーブルごとにステージで新郎新婦と記念撮影をし、撮影を終えたグループから食事を取りに行くという非常に賢いシステムを導入していた。

そのため、20以上のテーブルに集まった200名近い出席者が一切混乱することなく、スムーズに食事を取り式が進行していった。

 

なんとも良くオーガナイズされていて感心したものだが、それにも増して、呼ばれるまでずっと大人しく待っている来賓もフィリピンらしからぬ落ち着きを払っていたのが印象的だ。

 

img_1281

披露宴ではお決まりの友人たちによるパフォーマンスがあるのだが、フィリピン人は楽器演奏や歌などのパフォーマンスが得意。プロ並みのパフォーマンスを見せてくれる。

同席したフィリピン在住歴の長い方の話では、日本では一般的に人前でパフォーマンスをすることが苦手な人が多いが、フィリピンでイベントごとにパフォーマンスを披露したい人が殺到しすぎて人選に苦慮するのだとか・・・

やはり、日本人とフィリピン人は真逆だ。

フィリピン人と結婚する日本人も多いが、果たしてうまくいくのだろうか・・・

 

今回の式では、フィリイピンで一般的な「現金を配るゲーム」などの下品な催しは一切なく、アルコールも出ないとても健全なものだった。

最初から最後まで爽やかな結婚式&披露宴となった。

 

 

式を終え、帰り際に他の出席者とあいさつを交わす。

遠方から来た人や懐かしいメンバーとの再開で話に花が咲いた。

そして、こういった場でのお決まりの台詞、「次はあなたの式にぜひ呼んでくださいね」攻撃を受ける羽目となった。

 

さて、いつになることやら。

こちとら結婚することもやぶさかではないのだが、問題は結婚って一人じゃできないんだよね・・・。

 


linestamp

1120CEBU.png
こちらにも記事を書いています。

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。