【ミャンマー】ヤンゴンからのお誘い

2018年2月1日(木)  くもり

 

 

先月、ミャンマー在住の日本人の方がゲストとしてセブを訪れていた。

その方と知り合って以来、かねてより興味のあったミャンマーへの訪問意欲が日に日に増している。

 

 

だが、ミャンマーについて私が知っていることがどれだけあるだろうか。

・かつて「ビルマ」という国だった。
・ミャンマー語が話されている。
・アウン・サン・スー・チー氏がいる国である。
・昔「ビルマの竪琴」という日本映画があった。
・仏教国である。

・・・いや、恐ろしく何も知らないに等しい。

そんなミャンマーに興味を持ったのは、近年民主化が進み日本企業の進出が相次いでいると聞いていたからだ。

かつて、一緒に働いていた日本人スタッフがセブを去り、東南アジアを旅した際に「どうせ田舎だと思って行ってみたら、インフラも整っていてセブより数倍よかったですよ」と言っていたのも私の興味を駆り立てた。

 

そんな、ミャンマーからの日本人ゲストが現地へ戻られてから、何度かメールをいただいた。

氏は現地で会社を経営され、日本企業のミャンマー進出などをサポートされているようだ。

仕事内容としては日本向けのミャンマービジネスサポートや貿易関連、人材派遣業を手掛けています。

 

しかし、メールでは仕事のことよりもミャンマーの現地の人々の様子などを教えてくれる。

フィリピンも様々な言語が話されていますが、ミャンマーはさらに多言語…

言語学専攻の私にはこっちの分野も興味深い。

 

そんなミャンマーに関して、かつてはビジネス面での興味が主だったが、最近は現地の文化や自然に興味を持っている。

東南アジア最高峰の山があるのも登山愛好家としては嬉しい。

「謎の西南シルクロード」、「納豆がある食文化」など調べてみたいことの興味は尽きない。

 

2年くらい前からセブの社会の狭さを感じていた身としては、外の世界を見てみたい。

今年はミャンマーに1ヶ月くらい行ってみようと思う。

 

いただいたメールは、次の言葉で締められていた。

今度はミャンマーでお会いできることを楽しみにしております。

 

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。