【コンビニ】誰が買うの?コンビニの謎の商品

2018年2月8日(木)  晴れ

 

 

セブでの生活では何かとコンビニの利用頻度が高い。

特に IT パークに住んでいると、周辺にスーパーマーケットもないのでちょっとした買い物は必然的に近所のコンビニとなる。

別に大したものは買っていない。ペットボトルの水とかティッシュペーパーにスナック菓子などだ。

 

かつてはファミマが近所に3店舗もあったのだが、すべて撤退してしまった。

そのうち2軒はコーヒーショップ、残る1軒はセブンイレブンに鞍替えした。

 

さて、そんなフィリピンのコンビニで売られているものは日本と大きく異なる。

まずポテトチップスなどのスナック類は「Oishi」というブランドがよく目につく。

なんとかっぱ海老せんにそっくりな商品まである。

ちなみに Oishi とは日本語の「おいしい」のことらしい。だが、ほとんどのフィリピン人はその意味を知らない。

同社には日本人は一切関わっていない。なんでも中国系の菓子メーカーだそうだ。

 

さらにドリンクコーナーも興味深い。

我々のよく知るコカ・コーラやポカリスエットなども置いてあるが、台湾のペットボトル飲料などもよく見かける。

ローカルのもので言えば、カラマンシージュースなども販売されている。

 

そして、また新たに変わった飲み物を見つけてしまった。

img_1311

Okinawa Bitter Melon Blend Tea

また奇抜なものが売られているものだ。

 

これは見た所「ゴーヤー」入りのお茶ということだろう。

誰が飲むの?

わざわざゴーヤーの苦味をドリンクにして飲みたいというニーズがあるのだろうか。

 

しかし、ゴーヤーって英語で < Bitter melon > って言うのね。勉強になった。

ちなみにビサヤ語では < Paliya > という。

 

ところで、フィリピンでもゴーヤーは一般的な食材だが、わざわざ「 Okinawa 」となっているのはなぜだろう。ゴーヤーなら沖縄産というブランドイメージでもあるのだろうか。ほとんどのフィリピン人は沖縄という地名すら知らないだろうに。

 

ときどきコンビニの商品をよく観察すると面白い発見があるかもしれない。


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。