【台湾】セブ島と台北:外国人旅行者向けサービス比較。どっちが便利?

2018年2月28日(水)   雨。

 

 

昨日より台湾に来ている。そして、本日は台湾の祝日。

昨年よりフィリピン人も台湾へのビザが試験的に免除されているので、フィリピン人にいま最も人気な旅行先の一つとなっている。

そこで、今回はセブ島vs台北の比較を試みたいと思う。

 

1【セブvs台北:入国審査】

昨日、午前7時10分にセブの空港を飛び立ち、台北に着いたのが午前10時前。

IMG_1457

台北の桃園国際空港。いつ来ても入国審査ブースは長蛇の列。列に並ぶだけで1時間以上経過することもよくある。

ae33c667-52cd-4960-bdea-a2348be2fccc-2572-0000035157e66351_file

だが、私は頻繁に台湾を訪れる外国人向けに発行されている伝家の宝刀「快速査検通関証明」なるファストパスを取り出し、専用のブースで入国審査を1分ほどで済ませて楽々入国。

こちらを参照:
【台湾】入国審査も怖くない。行列ごぼう抜きの超高速入国方法。

セブでは頻繁に訪れる外国人はまず歓迎されない。正規の手続きでパスポートも帰りのチケットもきちんとあるのに、頻繁に訪れる外国人にはやたらと根掘り葉掘り質問され、なるべく入国させたがらない。

外貨獲得のためには外国人を優遇するべきだと思うのだが、おそらくセブにやってくる外国人は台湾を訪れる外国人に比べて「質」が悪いのかもしれない。裏社会に通じた人も多いし、麻薬などの犯罪に手を染める人も多いので、頻繁に訪れる人ほど怪しまれても不思議ではない。

 

2【セブvs台北:WiFi データ通信】

さて、いつも台湾の空港に降り立って真っ先に立ち寄るのが、現地の SIM カード販売ブース。

セブ島では普段ポケット WiFi を持ち歩いているのだが、他の国へ行くとその国の SIM カードを購入し、セブ市内で購入した ASUS のスマホに差し込んだ上でテザリング機能を利用することにしている。もはや WiFi なしでは暮らせない体になってしまっている。

なぜ、空港で SIM を購入するか?

それは、空港で販売されている旅行者向けの SIM カードはデータ通信容量が無制限だから。街中の販売所で購入したものは通信制限あるので使い放題というわけにはいかない。

空港にはいくつか SIM カードを販売するブースがあるが、Taiwan Mobile の販売所。

TWM_TPE1.jpg

5日間利用可能な旅行者向けのカードが 500台湾元(約1800円)。内訳はデータ通信無制限+300元分の通話料が含まれる。

しかし、私は通話機能はほぼ使わずデザリングだけ出来れば良いので、今回は別の会社の「データ通信無制限+50元分通話料」がセットになった中華電信の SIM カード300元を購入。

これで、移動している時もインターネットが使える。基本的に中華圏は IT 先進国だと認識している。セブ島の低速インターネットに慣れ親しんだ私にとっては台湾の WiFi 速度の速さは感動ものだ。

 

3【セブvs台北:銀行口座開設はどちらも困難】

さて、台湾初日は以前トライしたものの実現しなかった銀行口座開設に再挑戦。

口座開設に必要な台湾の ID ナンバーもすでに取得済みだ。

こちらを参照:
【台湾】台湾版マイナンバーを取得してみた!

前回は、A銀行では「固定電話の番号を持っていないとダメ」と言われ、B銀行では「中国語の話せる人と一緒でないとダメ」とのことで開設ならず。

今回は、台湾人の友人にわざわざ仕事を抜け出して銀行へ付き添ってもらい、再トライ。

しかし、結果は「現地滞在の証明として公共料金の請求書」などを持参しないと無理と言われてしまった。なんでも今年に入ってから外国人への口座開設が厳しくなったそうだ。銀行窓口の美人スタッフは一生懸命規約を見ながらなんとか開設できないかと頑張ってくれたのだが、叶わなかった。

ちなみに台湾政府のウェブサイトを確認すると、外国人が口座を開くにはパスポートと台湾のIDナンバーだけが求められている。しかし、その他に銀行独自でルールを定めることができるとあるので、銀行によって多少対応は異なるようだが、近年はなかなか簡単には開いてくれないようだ。

口座開設はまた次回に持ち越し。

フィリピンでも労働ビザやリタイアメントビザなどがない限り、外国人の銀行口座開設は難しい。それにフィリピンは口座を持っていると口座維持費が課せられるし、フィリピン人の9割は銀行口座を持っていない。

 

IMG_1463

さて、昨日から台北市内の友人宅に身を寄せている。

アパートの窓からは台北101がよく見える。ビルの一階にはカフェもあり、目の前の通りは夕方になると夜市が広がる絶好のロケーションだ。

今週はここを拠点にセブ島と台北の比較できるものを探っていきたい。

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。