【再会】牡蠣を食べながらセブ島留学を語る

2018年3月25日(日)  晴れ

 

 

昨日は、春天の都内へおでかけ。まずはアキバのヨドバシで iPad を購入したことは昨日お伝えした通り。(詳しくはこちら

だが昨日の主目的は他にあった。

午後3時。待ち合わせの場所は JR 恵比寿駅西口改札。

待ち合わせのお相手は以前セブでお世話になった留学エージェントの方。セブでは普段から親しくしている語学学校のオーナーたちを含めて公私ともに仲良くさせていただいていた。

 

そうしてやって来たのはこちら、「晩酌バル」Sanpine (サンピーヌ)。

sanpine

店内はカウンター席のみのこじんまりとした店舗。国内各地の産品を扱うから「サンピーヌ」という。

この店、実は昨年の11月に一時帰国した際に二人で恵比寿界隈を歩いてたまたま見つけたバー。小洒落た内装におでんとワインという絶妙の組み合わせの料理を提供するので、一気にお気に入りの店になってしまった。

それ以来、帰国して二人で会うときはこの店で飲むという約束事ができた。

 

そうしてこの週末に会う予定となっていたのだが、たまたま昨日3月24日に「桜の季節に一番おいしくなる厚岸の牡蠣と花見酒を楽しむ会」と題するイベントを開催するという。

こうしてまだ明るい15時にバーへやって来た。店内はほぼ女性客のみ・・・

 

img_1553

久々に再会した店員さんにこの日のお酒を紹介される。

どれも桜に関連した日本酒やワインの数々。この中から銘柄を一つ選ぶ。

私は桜のスパークリングワインを選択。

 

真昼間からお酒を舐めながら旨い料理を食すというのは健全な週末の過ごし方だ。

 

img_1554

この日のメインは「牡蠣」。

今回は北海道厚岸の牡蠣が取り揃えられた。

 

厚岸の牡蠣はブランド牡蠣。

砕いた牡蠣の殻に一つずつ稚貝を取り付けて育てるという手間のかかる養殖法で収穫された「牡蠣えもん」と呼ばれるブランド牡蠣(左)。殻が深く窪み、身がコリコリと食べ応え満載。そして噛めば噛むほど味が染み出る。実に旨い。

 

ご一緒したエージェントの方は現在はほとんどセブを訪れることはないが、いまでも個人や学校法人をセブの語学学校へ送客している。

現地にも思い入れが深いため、食事中の会話はおのずとセブの語学留学業界の話へ。

 

「どうですか?最近のセブの学校は?」

そう問われるものの、私も現在は留学業界から身を引いているため詳しい状況は分からない。ただ、一部の大手の学校を除いて中小の語学学校はどこも苦戦を強いられていることを人づてに聞いている。

「やはり。実はこのところフィリピンに限らず留学生全体の数がだいぶ減っています」

 

留学業界は浮き沈みの激しい業界だ。

日本の国内状況だけでなく、世界各地の政治状況、紛争・テロなどの事件が発生すればその影響を大きく受ける。

近年、ヨーロッパではテロが相次ぎ、フィリピンでは IS 武装勢力がミンダナオ島の都市を占拠するなど大きな事件が続いた。

しかしそれだけではない。

 

「どうも日本の景気が良いのも影響しているようです」

どうやら、景気が悪ければ若い世代は英語を身につけてスキルアップすることで良い仕事を見つけようと努力するが、景気が良いと特に英語力など身につけずとも仕事にありつけるため、留学の需要が減るというのだ。

 

カントリーリスクも考慮しなければならない留学業界。

本当に世界が平和でないと成り立たない。住み良い世の中になってほしいものだ。

 

そんなことを語り合いながら酒と牡蠣を味わった。

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。