【仕事】規則・ルールに従えないフィリピン人。でも金次第?

2018年4月13日(金) 晴れ

 

 

深夜。
自室で PC を弄りながら仕事の資料や原稿を作成していると突然 SNS のメッセンジャーが画面に現れる。

 

Sir, long time no see ~ (ひさしぶり〜)

 

メッセージの送り主は以前セブ島で私が働いていた語学学校の講師をしていたフィリピン人だ。

そして、普段特にコンタクトを取らないフィリピン人から連絡が来るというのは大抵良いことではない。はて、借金の申し込みだろうか?

Sir、私もう◯◯の語学学校で働いてないよ

 

実は彼女は私が以前働いていた語学学校をリストラされたらしく、仕事を無くして困っていた時期に別の日本人経営の語学学校の職を紹介してあげたことがある。

その学校をもう辞めてしまったというのだ。

別に仕事を辞めるのは本人の自由だ。
別になんとも思わないし興味もない。
しかし、一応理由を聞いてみる。

 

だってあの学校、厳しすぎる (too strict) んだもん

 

うわ〜出た・・・フィリピンあるある。

これまでセブの職場で何人もフィリピン人の採用面接をしてきたが、前職を辞めた理由で必ず上がるのが「(規則などが)厳しすぎる」という意見。

その厳しい規則が嫌で仕事を辞めた人を次の職場が雇いたいと思うのだろうか・・・?

 

ちなみにフィリピン人が言う「厳しすぎる」ルールというのは、(1)遅刻禁止、(2)業務中のスマホ禁止、(3)顧客や会社の情報を漏らしてはいけない、(4)職場での個人的なビジネス禁止、といったところだ。

いや、これごく普通のルール・・・というか、これを許せば大きな問題だろう。

要するにフィリピン人というはこれすら守れない人たちなのだ。

 

以前、フィリピン人がフェイスブックで以下のような記事をシェアしていた。

(抜粋)
マルコス政権のフィリピンは独裁国家であった。それをクーデターにより民主化した。しかし、マルコス政権時、フィリピンは東南アジアで最も豊かな国であった。その後、政権を担ったアキノやエストラーダを始め、政治家の多くは私利私欲に走り、フィリピンは没落していった。フィリピンを再び蘇らせる政治が必要だ・・・

 

要するにフィリピンの現状がこんななのは政治のせいだと言っているのだ。

しかし、フィリピンをダメにしているのはフィリピン人なのだ。仕事に真摯に向き合わず、他人を騙し、賄賂が横行し、何か問題が発生しても責任を取らない。誰一人、自分のせいだとは思っていないのがフィリピン人たるところ。

 

そんな典型的フィリピン人の一人である元講師はそれでも楽観的だ。

私、6月から日本で英会話講師になるんだ〜

 

あのねぇ・・・

日本で働くならば、職場の規則は◯◯語学学校よりさらに厳しくなるはずだ。
果たして彼女がまともに働けるのだろうか。

 

大丈夫。たとえ厳しくてもその分給料が高ければ文句はないわ

 

そう、全ては金次第。それがフィリピン人の思考回路。

しかし・・・目の前の仕事に真剣に取り組めない者が、給料が高い(=要求されるレベルも高い)仕事をきちんと果たせるとは思わない。

 

フィリピン人を雇うというのはリスクが高いとつくずく感じる。

 

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。