【中国語】セブで存在感を増す中国と中国語

2018年5月21日(月)  晴れ

 

 

昨日は夕方からセブのとある中国語ミーティングに参加した。なぜわざわざセブで中国語なのか・・・

 

セブの街を歩いていると地元のフィリピン人の他に外国人を頻繁に見かける。

セブ在住の外国人の最大勢力は韓国人だ。かつては街の至る所で韓国人が歩く姿を見かけ、韓国人が経営するカフェやレストラン、マッサージショップなどが溢れてハングル文字の看板が至る所に掲げられていた。

ところが、最近はその勢いも落ち着いてきたように見える。韓国人のセブ島留学ブームが下火になったのも影響しているのかもしれない。

韓国勢力の衰退の一方で近年影響力を増しているのが中華勢力。留学業界でもここ数年は台湾人や中国人の留学生が増加している。

セブの飲食店もこれまで韓国人や日本人が経営する店は多かったが、ここにきて台湾人のお店も増えてきた。台湾料理が好きな私にとってはありがたいことだ。

こちらを参照:
【IKAN】台湾ビールが飲める店でフィリピン人の3倍の速度で働く台湾人店長

d7cd40ca-5353-11e8-a252-5c54534dd764_1280x720_150254

かつて「大統領になった暁には南沙諸島にモーターボートで乗り込んでフィリピンの国旗を立てる」豪語していたドゥテルテさんも今じゃ中国にべったりだし。

 

こうした中華系勢力の増加で中国語ニーズも高まりを見せている。

 

実はもともとフィリピンにはチノイと呼ばれる中華系フィリピン人が多く住んでいる。彼らはフィリピンの富裕層の大半を占め、フィリピン経済はチノイが回していると言われている。

SM やアヤラなどの巨大財閥はこうした中華系フィリピン人一族が担っている。

しかし、彼らの大半が話すのは普通話と呼ばれる標準中国語ではなく、福建省を中心に話されている「福建語」。そしてフィリピンでチャイニーズ・ニューイヤーと呼ぶ旧正月「春節」を祝う際によく見かける「恭喜発財」というスローガンはなぜか広東語発音で「Kung Hei Fat Choi」と読むのが主流だ。

こちらも参照:
‘Kung Hei Fat Choi’ or ‘Kiong Hee Huat Tsai? | ABS-CBN News

 

ところが、ここ数年中国本土や台湾などからセブにやってくる人が増加したため、今後は普通話(日本では北京語とほぼ同等とみられている)の需要が増していくだろう。

 

large

そんな中、先日知り合いの A さん(日本人)から、中国語のミーティングへのお誘いを受けた。せっかくのお誘いなので参加することにした。

しかし、参加といっても私の中国語はまったくの独学できちんとプロの指導者のもとで勉強したことがない「超初心者レベル」。

不安なので数日前から資料を読み込み、さらに発音をチェック。そして自分が発言するつもりのことをなんども口ずさんで練習する。。。

 

そして日曜の夜、いよいよ会場に赴いた。

そこは約20名前後の少人数だったが、台湾人などのネイティヴスピーカーだけでなく、日本人や欧米人、そしてフィリピン人も参加していた。そして彼らの中国語のレベルの高さに圧倒される。

特にフィリピン人は普段漢字に接する機会も少ないはずなのに、中国語の文章をスラスラ読み流暢に話をしている。一体どうやって勉強したのだろうか。

 

私は冷や汗をかきながら拙い中国語でなんとかコメントした程度。まだまだ修行が足りない・・・

 

実際、セブで英語の他に身につけるべき言語としてはビサヤ語より中国語の方が有益かもしれない。もっと勉強しなきゃ。

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。