【体調異変】セブ在住4年目:ひょっとしてセブが肌に合わない?

2018年5月22日(火)  晴れ

 

 

約2ヶ月半に及ぶ日本滞在を終えてセブに戻ってきたのがちょうど一週間前。

あれから不在の間のセブの変化などに目を留めながらも生活は以前と同じ日常を取り戻している。

私のセブでの日常といえば大体以下のようなサイクルだ。

  • 5:00 起床。シャワーを浴び、部屋で軽く仕事をする。
  • 6:00 コンドミニアムのプールで水泳。
  • 8:00 朝食(外食)。
  • 8:30 仕事開始。
  • 12:00 昼食。
  • 13:00 仕事再開。執筆及び取材活動など。
  • 17:00 帰宅。
  • 19:00 夕食。
  • 20:00 勉強または重要度の低い仕事の作業。
  • 24:00 就寝。

 

特に代わり映えのない日常だ。

しかし、快適な日本に長くいたせいだろうか。もしくは15度前後の能登の気候からいきなり30度近いセブに来たせいだろうか。しばらくは疲れが出て午後になるとどうも眠くて仕方なかった。

 

そんな中、最初の異変に気付いたのはセブに戻って4〜5日経った頃だった。

太ももの裏あたりが痒い。

セブは何しろ蚊がたくさんいる。いつも通っている IT パーク内の Bo’s Coffee なんかは店内に蚊が飛び交っていて往生する。デング熱のリスクがあるので蚊は怖い。

おそらく太ももの痒みもどこかで蚊に刺されたのだろう。そう思っていた。

 

しかし、太もも痒みと同時に若干お腹の調子がよくないのも気になっていた。「腹痛」と呼ぶほどではないが、食事をした直後などに少しお腹がゆるくなるのだ。

日本の健康で美味しい食事を食べ過ぎたせいで、セブの脂っこい食事が合わないのかもしれない。

 

しかし、ここにきて決定的なことが起こった。

それは昨日のこと。いつものように朝食を終えて仕事をしていると、どうも腕が痒い。

そこで自分の腕を見てみると・・・

img_1995

 

なんと蕁麻疹が発症している!?

 

え〜なんでだろう?? ちょっとショックだ。

いまのところ特に精神的なストレスは感じていない。だとするとやはり物理的な要因で体に影響が出ているということだろうか。

考えられる要因をリストアップしてみた。

 

  1. 現地での食事でなんらかのアレルギー反応が出た。
  2. 2ヶ月放置していた自宅でカビや埃など人体に悪影響を及ぼす物質が発生している。
  3. 単純に疲れの影響が出た。

 

どうにも蕁麻疹の原因がわからないことには対処のしようがない。思い当たる原因がないというのがなんとも気持ち悪い。

しかし、症状が出ている以上、体になんらかの影響を及ぼす原因があるはずだ。

 

img_1044

とりあえず、食事による影響の可能性もあるのでラッパのマークの万能薬を服用して様子を見ることにした。実際、いま自宅にある薬はこれしかないのだ。

これで症状が改善すればいいのだが、正直あまり期待はしていない。

 

ただ、現地の食事は3年前からずっと食べている。それに自宅はセブに戻った当日に隅から隅まで掃除した。そうなるとますます原因がわからない。

 

私がセブに住み始めてすでに丸3年が経過した。

4年目に突入した現在、ひょっとしたらセブそのものが私の肌に合わないのかもしれない・・・

だとしたら、「日刊セブ便り」は今後も続くのだろうか。

 

一抹の不安を抱えたまま今日もセブでの生活を続けている。


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。