【営業妨害】モラル無き配車アプリ戦争:GRABの闇

2018年7月25日(水)  晴れ

 

 

鉄道のないセブでは移動手段は自動車のみ。当然、タクシーを利用する頻度が高くなるのだが、時間帯によっては流しのタクシーが全然捕まらないこともしばしば。

そんな時便利なのがいわゆる配車アプリ。日本ではあまり普及していないようだが、フィリピンを始め東南アジア諸国では当たり前のように使われている。

配車アプリの利点は、現在地に車が迎えに来てくれるだけでなく、料金が事前にフィックスされているので「ぼったくり」や「料金交渉」といった煩わしさから解放されることにある。

しかし、それだけ便利なアプリが普及すれば、同じような配車アプリ同士の熾烈なライバル競争も避けられない。その競争に敗れた UBER は、遂に東南アジアから事業撤退を余儀なくされ、ライバルの GRAB に経営を譲渡したのは記憶に新しい。

grab-uber-merger-600x330

こちらを参照:
【統合】UBERついに撤退:配車アプリ戦争はGRABの勝利

さて、最近セブでタクシーに乗ると車内に設置されたタブレット画面で Micab という配車アプリのコマーシャルが表示されていることに気づく。

micab-ltfrb-tnc-application

Micab は2012年に設立されたセブ市に本社を置くタクシー配車アプリ会社だ。セブだけでなく、イロイロやダバオ、メトロマニラでも利用することができる。

そんな Micab が大々的な営業妨害にあっているという。

その営業妨害の犯人と目されるのがライバル企業であり業界最大手の GRAB。

その手段はこうだ。

まず、(1)Micab の偽アカウントを大量に作り、そのアカウントから配車予約する。(2)そしてその予約をすっぽかす

いわゆる「Phantom Booking(幽霊予約)」を繰り返すことで、ドライバーの時間と金を浪費させ、さらに実際に予約しようとしている人がドライバーを見つけるのを妨げているというのだ。

この Phantom Booking を利用した妨害はシンガポールでも報告されている。シンガポールの配車アプリ Ryde は300以上の偽アカウントから2000件を超える Phantom Booking があったという。

そして、Ryde がその IP アドレスを調べたところ、発信元が GRAB だったというわけだ。

さて、Micab のケースでは6月以降にすでに29,000件もの Phantom Booking の被害にあっていると言う。

そして同社はその犯行の主犯は GRAB だと確信している。

なぜなら、ドライバーが予約のあったピックアップポイントに行き、予約をすっぽかされた直後に GRAB への参加を促す勧誘がドライバーの元に届いたからだ。しかもそれが2〜3回続いたため「偶然ではない」と確信している様子。

 

この件に関して GRAB は今のところ何の反応も示していない。

果たして真相や如何に?

 

モラルの欠如したフィリピンではあながちありえない話ではない。

こんな国では近江商人の「三方良し」の心得など理解不能だろう。

 

自分だけが勝ち残るためなら手段を選ばない。そんなことが常識のフィリピン。フィリピン好きの人はフィリピン人の「人の良さ」を絶賛して、フィリピンに対してネガティブな意見を言う人を受け入れない傾向があるが、もう少し客観的にフィリピンを評価した方がいい。

 

さて、この配車アプリ戦争。今後の展開はどうなるのか。

個人的には「利用者の利便性」を追求したものだけが最後に残ると信じたい。


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

【営業妨害】モラル無き配車アプリ戦争:GRABの闇” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。