【失敗】セブ市内ホテルで優雅に過ごすつもりが無駄足に終わる

2018年7月26日(木)  晴れ

 

 

今週はマニラから戻ってきて色々あったので少々疲れ気味。溜まっていた仕事も一気に片付けなければいけないのでどこか快適なところに篭って過ごしたい。

と言うことで、今日はセブ市内のホテルに篭ることにした。

スマホを取り出し、ホテル予約アプリを起動する。

せっかくだからちょっと高いホテルでリラックスしようか。

そう考えてウォーターフロントやマルコ・ポーロ、ラディソン・ブルーなどを検索してみるがすでに売り切れ。平日だと言うのに結構宿泊ニーズが高い様子。

iphone8_1x

ターゲットを普通のシティホテルに変更して検索。セブのいいところは手頃な値段で泊まれるホテルがたくさんあると言うことだ。

あまり遠いと移動が面倒なので、自宅から近いホテルに狙いを絞る。

マボロ地区にいくつか私の知らない新しいホテルが出来たようでいくつか見た目が綺麗なホテルが出てきた。一泊4,000円前後でWi-Fi完備、朝食付き・・・と。

 

しかし、どれにしようか迷っているうちにどんどん「Sold Out」になっていく。

おお・・・平日なのにどんどん予約が埋まっていくな。

今回のホテル選定の絶対条件は「Wi-Fiが使えること」。

朝食は付いていてもいなくてもどっちでもいいや。

 

そうしてめぼしいホテルがどんどん満室になっていくので、思い切ってアヤラ近くの Diamond Hotel に予約を入れてみた。

diamond hotel

一応、セブの中心街でクエストホテルやパークレーンといった評価の高いホテルが密集するエリアに存在するそこそこ規模の大きなホテルだ。

しかし、「設備が古くてボロい」と言うユーザーレビューのコメントが気になる・・・

昔、マニラで同名のホテルに宿泊した時はかなりグレードの高いホテルでサービスも最高だったのだが・・・セブの Diamond ホテルとマニラのホテルは同じグループなのか怪しい。

 

早速午後にチェックイン。特に問題もなくスムーズに手続き完了。

しかし、セブのホテルでよくある「デポジット」を1000ペソ払わされる。

すでにカードで決済済みにも関わらずデポジットを取られる意味がよくわからない。しかし、セブでは何故かこのシステムが当たり前。よっぽど備品を壊すか盗んで持ち帰る客が多いのだろうか・・・

 

部屋のカードキーと共にWi-Fiパスワードも手渡してくれる。

img_2651

これで部屋に篭って作業ができる。

img_2649

まあ、部屋は対して期待していなかったが、普通に過ごせるレベル。

フカフカのベッドとお湯が出るシャワーがあれば満足だ。しかもこの部屋のテレビは NHK が映る!

さて、早速パソコンを取り出して作業開始!

・・・が、

スクリーンショット 2018-07-26 18.24.48

Wi-Fiが繋がらない!

それどころか

Wi-Fi電波を感知しない!

 

どうやらフィリピンあるあるの「Wi-Fi弱すぎて使えない」問題勃発!

なんてこった!わざわざホテルを押さえた意味が・・・

 

念のため廊下に出てエレベーターホールまで行ったらWi-Fi受信に成功した。しかし、通信速度は決して早いとは言えない。

そう、セブの Diamond ホテルは完全に「ハズレ」だった。

 

結局、ホテル近くのカフェで仕事に取り掛かる。

これじゃ普段と変わらんじゃないか。

 

何事も思い通りにいかないのがフィリピン。

今夜はNHK見ながら部屋でビールでも飲んで寝よう。

 

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

【失敗】セブ市内ホテルで優雅に過ごすつもりが無駄足に終わる” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。