【場末感】セブ島ローカル感満載喫茶店 infinitea。

2018年7月30日(月)  晴れ

 

 

この週末はミングラニーラまで出かけたり、マクタン島を訪問したりと遠出する機会が多かったためデスクワークが疎かになってしまった。

そこで、昨日は午後のミーティングに出席した後、しばしカフェに篭って我がラップトップと向き合うことにした。

ミーティングのあった Jones Street 付近にはあまりカフェがない。Crown Regency Hotel の一階にスタバがあるが高いし・・・。

infinitea

そんな時に見つけたのがこちらの infinitea。マンダウエでも見かけたことがあるのでチェーン店なのだろう。

ここでしばらく篭ることにしよう。

カフェといってもお茶がメインの店のようだ。メニュー表にはフルーツティーが数多く表示されている。

greenapple

私が注文したグリーンアップルティーのミディアムサイズはわずか65ペソ。普段利用している Coffee Bean & Tea Leaf のアイスアメリカーノ(135ペソ)の半額以下だ。

しかし、安い店では客層のレベルもそれなりにスタバや Coffee Bean〜 とは異なってくる。

IMG_2666

60ペソ前後のフルーツティー一杯で長時間居座る客。(私もその一人だ)

学生なのだろうか。みんな壁際のテーブルに陣取っている客は必死に勉強している。

IMG_2668

しかし、ソファーに陣取る客はご覧の有様。

そう、フィリピン人は自宅とパブリックスペースの区別がつかないのだ。

 

店員も同様で、客がカウンターで注文する時以外はカウンターの後ろでしゃがみ込みスマホいじりに余念がない。

途中で店員の知り合いと思われる家族連れが店にやってきたが、店員たちは仕事そっちのけでその家族と話し込む。そして1歳くらいの赤ん坊をカウンターの裏へ連れて一緒に遊び始める。

もはや店員にとって職場は自分の家の居間と変わらないようだ。

それにしてもこの店で勉強するのはあまりよくない気がする。

なぜなら店内が異様に暗いから。

IMG_2665

一応、天井に照明はあるのだが4つしか明かりが灯っていない。

残りの照明は飾りなのだろうか。

IMG_2663

私の頭上にも大きな照明が二つあるのだが点灯しておらず・・・

まだ午後3時ごろだが、あいにく外は雨。

外の光が差し込まない店内は写真で見るより実際はもっと暗い。

しかし、フィリピン人の客たちはあまり気にしていない様子。

ひょっとしたら彼らの自宅もこれくらい暗いのかもしれない。そういえばフィリピン人のお宅に訪問した時は部屋の明かりが暗いことが多かった。

電気代の高いフィリピンでは一般家庭で照明にお金をかけられないのかもしれない。

フィリピン大好きな人なら、ローカルフィリピン人の生活を疑似体験できる場末感満載のinfiniteaは格好の店と言えるだろう。

 

しかし、カフェは飲み物を飲むだけでなく落ち着いた空間でリラックスする場所でもある。

やはり私はカフェに行くなら少し割高でも別の店を利用しようかな。


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。