今年は違う!? セブ島トライアスロン<Ironman race 2018> 道路閉鎖

2018年8月4日(土)  曇り

 

 

皆さん、8月です。そして明日は日曜日。覚悟はよろしいか?

明日、8月の第一日曜日は毎年恒例のハタ迷惑なイベントがやってくる。

それは・・・

そう、トライアスロン国際大会 in セブ。

 

62514

毎年開催されるセブが舞台の国際スポーツ大会として国内外からの注目を浴びる大イベントだ。

しかし、このイベントはセブに生活する者としては迷惑以外の何物でも無い。

なぜなら、

大会開催中はセブの主要道路が通行止めになるから。

 

しかも、道路封鎖は午前4時からスタートする。

例年はマクタン島のシャングリラホテルのビーチでレースがスタート。そして、遠泳の後にジョギングと自転車競技となるのだが、そのルートが問題。

当日はシャングリラホテル付近からマクタンニューブリッジを通り、マンダウエ市、セブ市、タリサイ市を通って折り返し、同じコースを再びマクタン島へ戻る。

 

これが語学学校スタッフ泣かせなのだ。

なんたって日曜日は日本から留学生が空港へやってくるのをピックアップする日。しかも夏休みに突入した8月ともなれば1日に複数回空港と学校を行ったり来たりするのが当たり前。

そんなピーク時に空港へのルートが閉鎖されるのだ。

route2017

ちなみにこちらは昨年2017年のルート。かなりの広範囲がレースコースとなっている。

私がセブ島へやって来たばかりの頃、マンダウエ市にある某語学学校のスタッフをやっていたのだが、当日学校の周囲が道路封鎖されたコースに囲まれてしまい、陸の孤島と化したことがあった。

そのため学校の食堂スタッフが出社できずに朝食が作れず大混乱。私はと言うと空港ピックアップのため道路が封鎖される午前4時前に学校を出て空港で待機。全くひどい目にあった。

レースによって市民生活に影響が出てしまうのだが、それでも行政は「このレースによる経済効果は大きいため、市民には我慢してもらいたい」と言う姿勢。

これ、当時の新聞記事に本当にそう書いてあった。市民生活そっちのけ。

 

しかし、今年はいつもと様子が違う。

それは、

オスメニア市長がセブ市内の道路のコース提供を拒否。

しかも、それが発表されたのが大会開催のひと月ちょっと前。

セブ市民としてはありがたいが、こんな直前に言われても大会主催者は困るだろう・・・

全く、事前協議とか準備などどうしているのだろうか?

計画性のないフィリピン人ならではの対応だ。

ironman route 2018

結局、大会主催者は急遽新ルートを模索。

今年は例年と異なり、マクタン島とマンダウエ市だけを通るコースとなっている。

2018年のトライアスロンコースは上の写真を参考にしてください。

 

さて、今年のレースの行方も気になるが、来年はどのコースが道路封鎖されるのかが気になる。

頼むから直前の変更とかはやめてほしい。。。

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

今年は違う!? セブ島トライアスロン<Ironman race 2018> 道路閉鎖” への2件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。