【引っ越し】セブ島:IT パークから離れる日…

2018年8月9日(木)  晴れ

 

 

cebu-it-park

私の住む IT パークはセブ市内でも最高の立地と言える。

きれいな街並みに治安の良さ、24時間営業の飲食店にコンビニや薬局が豊富などメリットが多い。はっきり言って IT パーク内から一歩も外へ出ずに一週間過ごしせる。

そんな IT パークのコンドミニアムに住んで丸2年。そろそろ巣立ちの時がきたかも知れない・・・

というのもフリーランスになってから以前のような固定給の安定した収入ではなくなったから。IT パークは利便性が高い反面、家賃が突出して高いのだ。

そのため安い物件があれば引っ越そうと考えていたところ、先日知人から「うちの隣の部屋が空くらしいですよ!」とお知らせをいただいた。

その方が大家さんと連絡を取ってくれたので、予定を合わせて内見することにした。

 

グアダルぺにあるそのアパートは住人のほとんどが私の知り合いという類稀な物件。チャンスがあればここに住みたいと常々考えていたのだ。

約束の時間に行くとまだ大家さんは到着しておらず、隣の知人宅で少し待たせていただく。

すると10分ほどで大家さんの家族と思われる方が到着。

 

IMG_2705

部屋を簡単に掃除し、案内してくれる大家さんご家族。わざわざマクタン島から来てくれた。

このアパートは何度も訪れているが、立地は少々不便だが静かで環境はいい。

IMG_2703

ベッドルームには大きめの竹製のベッドに質の良いマットレス。現在の IT パークの我が家のベッドはパイプベッドでマットレスは薄っぺらいスポンジ。寝るたびに背中にパイプ感を味わい寝起きの気分は最悪だ。早くこちらのベッドで眠りたい・・・

実は、現在住んでいる IT パークの部屋はワンルームで家賃は約20,000ペソ。光熱費は別。

しかしこのアパートは、キッチン・ダイニング+ベッドルーム+仕事部屋があり、床面積も現在より広い。それなのに家賃は現在の半分以下だ。

 

IMG_2702

そしてなんと、Wi-Fiインストール済み!

これはありがたい。しかも月々1500ペソ程度だという。

Wi-Fiがあればわざわざ外出してカフェで仕事せずに自宅でなんでもできる。これこそコスト削減だ。

聞けばいつでも入居可と言うではないか!

これはもう決まりなのでは・・・?

しかし、大家さんには一つの要求があった。

 

今この部屋にある家具と家電、一括50,000ペソで引き取って欲しい

 

そう、以前ここに住んでいた時に買い揃えた家具家電を引き取ってそのまま使って欲しいと言うことだった。

う〜ん、50,000ペソかぁ・・・日本円だと12万円くらい?

ちょっと即金で用意するのは厳しいなぁ。なにせ私はフィリピンに銀行口座を持っていないので基本的に現金があまり手元にないのだ。

しかし、この値段は部屋にある家具家電一式の値段としては破格のオファーと言える。

冷蔵庫、エアコン2台、炊飯器、洗濯機、IHクッキングヒーター、ダイニングテーブル、仕事机、PC椅子、ベッド+マットレス、温水シャワー、・・・あと何だっけ?

しかも家電は韓国メーカーの結構いいやつ。普通洗濯機一台だけで新品だと60,000ペソくらいだし。

 

「50,000万ペソで買い取ってくれる人に優先的に部屋を渡したい」

 

そうでしょうとも。

そんな事情で現在分割が可能かなど交渉中。

さて、このアパートへの入居が可能か、もしくはこのまま IT パークに住み続けるのか?

また近日中に結果が出ることだろう。


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

【引っ越し】セブ島:IT パークから離れる日…” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。