【引き篭もり生活】セブ島で手作り羊羹を味わった

2018年8月31日(金)  雨

 

本日セブは朝から土砂降り。

だからだろうか? せっかく早起きしたのに体調が芳しくなく、予定してあることができそうもない。

でも仕事は自宅で出来るのでまだ IT パーク時代よりはマシだ。

さて、グアダルぺの新居に移って仕事場と住居が同一の場所となったことで絶賛引きこもり中なのだが、時々隣人が食事に招いてくれる。

毎週木曜日は、私の部屋の2軒隣に住んでいるローラ氏が自宅に講師を呼んで英語レッスンを受けている。(ちなみにローラ氏は日本人)

2週間前、私がこのアパートに転居して来たばかりの時に英語レッスンを終えたところに招いてくださり、ランチをご馳走してくださった。そして、そのお返しに翌週の木曜日は私がローラ氏と英語講師アンジェラ氏を招いてランチを振る舞った。

それから毎週木曜のランチはお互いの家でランチをご一緒することになった。

IMG_2845

今週のランチはローラ氏による「タコライス」。

嗚呼、そういえば先日買い物に行った時に「チリソース買って来て」とおつかいを頼まれていたのはこのためだったのか。

野菜がふんだんに使われているのは肉とライスばかりのセブの食生活において非常にありがたい。

IMG_2846

アンジェラ氏ははじめてタコライスを食べるらしい。

タコライス:
メキシコ風アメリカ料理のタコスの具材を米飯の上に乗せた沖縄県の料理である。トマトベースのサルサ(スペイン語で「ソース」の意)をかけて食べる。
1984年に沖縄県金武町で誕生した。同県内では1990年代から学校給食に採用されるなど非常にポピュラーな料理となっている。(Wikipedia より引用)

スペイン文化の残るフィリピンでタコライスって食べる機会ないのだろうかと思っていたら、沖縄生まれの日本料理だったのか。しかも割と最近の食べ物のようだ。そりゃ、フィリピン人が食べたことなくても当然だ。

ローラ氏のタコライスはピリッとスパイスが効いており、それをレタスで包みながら食べると程よく中和されて美味しい。一緒に添えられたサラダも野菜不足のフィリピンでは嬉しい。

アンジェラ氏は日本語で「オイシイ〜!」を連発している。

だが、ローラ氏の手料理はこれだけに止まらない。

そこには大きなサプライズが待っていた。

なんとデザートに登場したものは・・・

IMG_2847

手作りの羊羹!?

羊羹って手作りできるんだ・・・

 

何よりすごいのは手作りの材料が揃っていること。ローラ氏には寒天に餡子、砂糖にその他諸々の日本食材がいつでも十分備蓄されている。ここは町屋マートか?

寒天なんて、日本で暮らしていた時でさえ自宅に置いてなかったよ。。。

 

IMG_2849

そして、切り分けてくれた羊羹を一口頬張ると日本のそれと同じクオリティの味が広がる。

日本人にはちょうど良いほのかな甘さ。ひとつまみ加えた塩がその甘さを引き立てている。

 

「生まれてはじめて作ったのよ」

ローラ氏もその出来に満足のご様子。

氏は東京出身で銀座とらやの羊羹や成田の米屋の味なども知り尽くしたセレブなマダム。私の母と同年代なのだ。

 

しかし、まさかセブで出来たての手作り羊羹を味わえるとは思わなかった。

これ、売れるんじゃなかろうか?

IT パークを離れ早2週間。

24時間営業の飲食店もコンビニも近所には皆無だが、なぜか食生活は以前より向上している。毎日健康的な食事に不自由しない。

このままだと本当に引き篭もり生活に歯止めが効かなくなりそうだ。

いや、でもそれもまたアリか?


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。