【危険地帯セブ】白昼の悪夢:エスカリオ通りで発砲事件

2018年9月3日(月)  曇り

 

 

先週から豪雨が断続的に続いているせいかどうかわからないが、どうも風邪っぽい。頭痛と肩こりがひどくて全身が怠くなってしまい座って仕事をするのもしんどい。

おまけに今日は部屋のWiFiが調子悪いので久々にカフェで仕事。

キャピトル付近のカフェで仕事しながら日課となっている Cebu Daily News のツイッターをチェック。

すると、緊急速報が表示されていた・・・

breakingnews

「当局がセブ市エスカリオストリートでの発砲警報に対応中。詳細は後ほど。」
by Cebu Daily News

セブ市内ではドゥテルテ大統領の「麻薬戦争」に伴った暗殺や単純に強盗目的での銃撃事件が毎日(文字通り「毎日」)発生しているので別に珍しいことではない。

今度は誰が撃たれたんだろう? くらいの出来事だ。

だが、今回は場所と時間帯の両面から見て結構深刻だ。

現場は真昼間のエスカリオストリート。

日本人が大好きなアヤラ・ショッピングモールがすぐ側にあり、観光客が泊まるパークレーンホテル、マンダリンホテル、クエストホテル、ダイヤモンドホテルなどの人気ホテルが密集しているエリアだ。

DmJkhZjU4AEuAyR

写真を見ると後ろに Simply J’s というビュッフェレストランが見える。

こちらを参照:
激安絶品セブグルメ 〜 Simply J’s 〜

おそらく24時間営業の CALDA PIZZA の目の前だろう。

実は私が以前働いていた語学学校はこの現場から徒歩1分の距離。留学で訪れる日本人も多い。

語学学校は「セブは治安が良い」と宣伝しているけれど、その言葉の前には「フィリピンの中では比較的・・・」というフレーズが隠されている。

実際、セブを訪れる際は外務省の「海外安全ホームページ」を見ると良いだろう。フィリピン全土が危険度を表す色で埋め尽くされている。これが同じ ASEAN のタイ、ベトナム、マレーシアになるとほとんどが危険度0の白地図が表示される。

そう、フィリピンは決して安全ではない。

こちらを参照:
ぶっちゃけセブの治安どうなのよ?〜もしもの時の最低限の備え〜

発砲事件で日本人が巻き込まれることはほとんどないけれど、真昼間の大通りなら流れ弾に当たる可能性もある。

用心しないといけない。

 

 

さて、問題は私がこれから現場のエスカリオストリートを通って移動する予定があるということ。

今日のアポイントの現場に行くにはそこを取らないといけないのよね・・・

流れ弾当たらなきゃいいけど。


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。