【ビサヤ語マスターへの道】セブのローカル言語を身につける

2018年9月6日(木)  雨

 

セブ生活も早4年目に突入。

こちらでは日本人との付き合いが多いので英語すら喋らずに済むことも多い。しかし、流石にそろそろローカル言語のビサヤ語を身につけるべきかも知れない。

なぜならセブの田舎町へ行くと英語が話せない人たちと出会うから。

そこで最近はタクシーの中でなるべくビサヤ語を使うようにしている。

そこで、ビサヤ語をマスターする目標を立てた。

では、ゴールとなる言語習得レベルをどう設定したら良いか?

そこで世界共通で使用されている言語習得レベルの指標 CEFR で見てみよう。

table4_10

うん、まずは買い物や日常のコミュニケーションが取れるようになりたいからレベル「A2」を目指すのが妥当かな。

ゴール:CFER 「A2」
学習期間:6ヶ月。

今、タクシードライバーなどと簡単なビサヤ語会話にトライしているが、そこには一つカラクリがある。

それは、スペイン語由来の単語を使っている。

例えば、「デレーチョ(真っ直ぐ)」とか。

若い頃身につけたスペイン語の知識を流用しているだけで要するにインチキなのだ。

だから、純粋なビサヤ語となると簡単な挨拶以外全然わからない。

bisdaktionary-bisaya-words-for-daily-use

あ、流石にこれくらいはわかる。でも挨拶だけでその後の会話は続かない。

 

ということで、早速 YouTube でビサヤ語の動画を探していたら面白いのを見つけた。

これを見ながらビサヤ語を練習するか。

さて、果たして6ヶ月後に本当に喋れるようになるのか。

随時経過報告とともにお伝えしたいと思う。

 

乞うご期待!


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。