【台湾】セブから台湾に到着:漫画喫茶で仕事に没頭。

2018年9月13日(木)  晴れ

 

先日、マクタン・セブ国際空港の第2ターミナルから初めてセブを出国した。

そしてやってきたのは台湾。

年に4〜5回は訪れている台湾だが、今回も音楽イベント関連の仕事とちょうどライターの仕事で台湾の記事を書くのが重なったので1週間の滞在予定で訪れている。

セブから台湾への直行便はいくつかあるが、深夜に到着するセブ・パシフィック航空便を避けて今回はエア・アジアを選択。

午前7:05出発の便は台北に午前10時前には到着してしまう。

だが、あまり早く到着すると今度はホテルのチェックインまで時間があるし、今回日本から合流するメンバーが夜7時くらいの到着予定だったので、それまでどこかに篭って仕事をしたい。

以前台湾を訪れた時は MRT 忠孝敦化駅からすぐ近くのコワーキングスペースを利用した。

こちらを参照:
【台湾】台北のコワーキングスペースに行ってきた。

しかし、今回は低価格でしかも個室に篭って長時間原稿に打ち込みたかったのでどこか良い所はないかと調べてみたら、台北駅近くに漫画喫茶があることが判明!

早速、行ってみた。

img_2991

とりあえず、朝から何も食べていなかったので台北駅の地下の商店街で魯肉飯を食べる。

「請問・・・一個嚕肉飯。」
(あの・・・魯肉飯ひとつ)

これが、今回の旅で最初に発した中国語である。今回の旅は日本語と英語を極力使わないと心に決めていた。

魯肉飯は私が最も好きな台湾料理のはずだが、この店のものは薄味で物足りなかった。

 

腹ごしらえを済ませたら、いよいよ台北駅近くの漫喫へ向かう。

img_2995

入り口の階段を降りて地下へ向かう。

IMG_2993

中に入るとそこには日本の漫画喫茶と全く同じ景色が広がっている。

受付で個室を借りたい旨を伝えるが、システムがよく分からない。中国語で説明されるが難しくて全然分からん・・・

「Could you show me the price list?」
(料金表見せてもらえますか?)

そこで相手が差し出したのが日本語のメニュー。

・・・中国語チャレンジ、早速挫折。。。

 

どうやらパッケージプランは夕方から早朝にかけてしか利用できないようで、今回は通常プランで個室を借りることにした。個室料金は1時間60元(約180円)。

IMG_2992

部屋の中もまるで日本の漫喫と同じ。Windows のパソコンと DVD プレイヤー、そしてテレビ鑑賞が可能。

私は自分のラップトップで仕事をするので、WiFiに接続して締め切りの迫った記事を二つ仕上げるために集中。

記事を片付けたところで、前日夜から仕事&荷造りと4時半に家を出たために寝ていなかったので、部屋で仮眠をとることにした。

個室は床がマットレスになっていて宿泊もできるタイプなので、足を伸ばして大の字になってゆっくりと眠ることができる。隣のブースからは他の客のイビキも聞こえる。他にも寝ている人がいるようだ。

結局、2時間ほど睡眠をとって頭がスッキリしたので、ドリンクなどを補充しつつ新たな仕事に取り掛かった。

IMG_2994

嬉しいことにアイスクリームまで食べ放題。セブで毎日アイスを食べている私としてはありがたいサービスだ。

結局、夕方6時までたっぷり時間を使って仕事と休息ができた。

かかった費用は360元(約1080円)。

前述のコワーキングスペースがドロップインで5時間500元であることを考えると、使い方によっては漫喫の方がお得だ。

次回から台湾で時間を潰すには漫喫を使おうかしら。

 

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。