セブのスーパーマーケットのレジが遅い理由

2018年9月24日(月)  晴れ

 

 

先週まで留守にしていたために家に食材が全くない状態だった。

そこで、昨日は久々にスーパーへ行って食材を調達。

夕方のピークアワーに行ったため、レジに並ぶのが憂鬱だ。なぜならフィリピンのスーパーのレジはものすごく時間がかかるから。

こちらを参照:
【日本vsフィリピン】もはや日本では消滅しつつある職種。セブはまだまだ人手あり。

大体はレジ担当者のそもそもの処理能力の遅さが原因なのだが、客の側でも一人当たりの商品購入量が多すぎて会計に時間がかかるという理由もある。

その他はレジのお釣りがなくなって、現金を調達するためにレジ担当者がいなくなると行ったケースが目立つ。

昨日のロビンソン・フエンテのスーパーマーケット。

幸いレジは10箇所ほど稼働している。その中から列の人数が少なく、籠の中に商品の少ない人が並んでいる列を見つける。

ちょうど私は3番手。

先頭の客の商品が多いようだが、私の前の客は商品も少ない。これならすぐに通過できそうだ。

 

しかし、先頭の女性の会計が思いの外時間が掛かっている。

だがそれもようやく終えて、女性が1000ペソを支払いレジ袋を受け取ろうとしている。

しかし・・・

IMG_3213

その女性の前に並んでいる男性がなにやらレジの担当者に話しかける。

あの〜俺の商品はどこ?

レジのスタッフと会計を済ませた女性は「???」と言った表情。

俺の会計済ませた商品受け取ってないけど・・・

「あれ?あんたら一緒じゃないの???」

 

どうやら別の客の商品を一緒に会計してしまった様子。

 

会計を済ませた女性は笑っている。(笑って済ませられるのか?)

どうやらすでに会計を済ませた男性客の商品を袋に詰める前に次の客の商品と再度一緒に会計して袋に入れてしまったらしい。(おいおい)

ここで慌てないのがフィリピンのすごいところ。

ミスを犯したレジ担当者も笑っている。客は別に気にしてなさそうだ。

さて、どう対処するのだろう。

IMG_3214

なんと、レシートを照らし合わせて袋の中身を全て確認。

男性の商品を仕分けて包み直す。

さらに、他人の分まで金を払ってしまった女性客のために、もう一度最初から会計のやり直し。

結局このやり取りに20分掛かっている。

 

その間、後続の客は黙って待っている。なんとも忍耐強い。ひょっとしたら何も考えていないのかもしれない。

 

その後、レジ担当者は何事もなかったかのように会計を再開した。

 

フィリピンにいると時間の浪費が激しい。

それでも誰も文句を言わないというのは、結局フィリピン人は時間を貴重な存在だと思っていないのだろう。

 

「時は金なり」

 

フィリピンで貴重な時間を失わないためには自分でしっかり毎日の計画を立てておかねばならない。


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。