【セブ島日常茶飯事】セブのスーパーのレジが遅いのは手の施しようなし!

2018年10月27日(土)  晴れ

 

 

先日、日頃からお世話になっている方々を自宅に招いて夕食を振舞うことにした。

前日までに下準備をしていたので料理はある程度すぐに作れる。

しかし、大勢に振る舞う食器類がなかったので仕事帰りに近所の Fooda というローカル感満載のスーパーでいくつか食器を買って帰ろうと思っていた。

5時にケッペルでの仕事を終え、ハバルハバルでグアダルぺの Fooda に向かう。

ここまでは順調だ。

場末のローカルスーパーでお目当の食器類を見つけてレジに並ぶ。

だが、あいにく夕方はスーパーが最も混雑する時間帯だ。

IMG_3374

なるべく人数の少ない列に並ぶのは常識だが、フィリピンでは列の長さとレジの処理スピードは比例しないことがしばしば。

この時も何やらレジがもたついている。

よく見ると会計は済ませているようだが、店員がモタモタと何か作業をしている。

実はこれ、会計を済ませた商品を梱包しているのだ。

IMG_3375

この間、客はただぼーっと自分の購入した商品が袋詰めされる様子を眺めているだけ。

なんとも無駄な時間だ。

日本ではレジで会計を済ませるとビニール袋を渡され、レジの先にある台で客が自分で商品を袋に詰める。以前住んでいたイギリスでも確かそうだった。

だが、ここフィリピンでは客は何もしない。

その間、後続の客はただ待たされる。

「効率」という概念がないフィリピンならではのなんとも無駄な時間だ。

IMG_3376

私の後ろに並んでいた女性は待ち続けるのに嫌気がさしたのか、商品かごを足元に置いて順番をキープしたままどこかへ行ってしまった。

IMG_3377

ふと、隣のレーンを見るとそこは「EXPRESS LANE」となっており、5品までの少量の商品を購入する人が素早く会計を済ませるためのレジとなっている。

しかし、その列も全然会計作業が進んでいない。

よく見るとレジに並んでいる人の手元には「5品まで」という表記など意に介さないようにカートにいっぱいになった商品が積まれている。

そう、フィリピンではルールは意味をなさない。

 

そうこうしているうちに、私の列がようやく進む。

しかし・・・

IMG_3378

今度はレジのスタッフが行方不明!!!

フィリピンあるあるのレジの風景。

過去に何度もお伝えして来たが、フィリピンではレジのお釣りがなくなったり、商品の値段がわからない時など一々レジ担当者が現場を放棄してどこかへ確認に行ってしまう。

どうやら今回は梱包する紙袋の在庫がなくなってしまったようだ。

 

5分後、ようやく戻って来て一人会計を通過した。

しかし、その次の客の番で再び梱包する袋がない・・・

あんたねぇ・・・後ろに客がこれだけ並んでいるんだから一度に全部持って来なさいよ。

結局、セブに住み始めて早4年。

スーパーのレジが改善する兆しはまだ見えない・・・

 

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。