【快適】セブ島長屋生活:ソファがうちにやって来た

2018年11月1日(木)  晴れ

 

早いもので2018年も残すところあと2ヶ月。ついに11月に突入した。

先月は仕事の環境が変わった影響でブログが更新できない日が多かったが、今月はきちんと毎日更新しよう。なにせ「日刊」と謳っているのだから。。。

セブ市内で最もコンビニエントなエリアといっても過言ではない IT パークの生活を離れ、辺境の地グアダルぺのアパートに引っ越したのが8月中旬。

もうすっかりグアダルぺの生活にも馴染んだ。

こちらを参照:
【引っ越し】セブ島:IT パークから離れる日…
【引越し】さらばITパーク:次の新居はなんとナラ!?

IMG_3216

日本にいた頃から一人暮らしの自宅をカフェ風にアレンジすることが好きだった私は、グアダルぺの新居も色々デコっている。

そして隣近所を招いては一緒に食事をするという長屋生活を送っている。

結構満足した生活を送っていたのだが、何か物足りない・・・

そう、それはカフェには欠かせないソファ席。

ゆったりと深く腰を下ろしてのんびりと時を過ごすのはソファの醍醐味である。

だが、ソファは限られた部屋空間の一定のスペースを消費してしまうことも事実。

ソファの導入には部屋のレイアウトなど検討事項が複雑に絡まる。

 

そんな折、思いがけず隣家の日本人住人 YUKI 氏からメッセージが届いた。

そういえばソファ欲しいって言ってませんでした? 下のフロアのご夫婦がソファを売りに出したいようですよ

 

なんと!

実は階下に住むイギリス人とフィリピン人のご夫婦がマニラに引っ越すため、家具を売りに出しているようだ。

話を聞いてみるとソファは Mandaue Foam という高級家具店で購入した質の高いもの。

12000ペソの品を7000ペソで譲ってくれるという。

 

早速、彼らの部屋を訪れ実物を見せてもらったがなかなか良い。

しかし、大きさなどをよく調べてみないといけない。

答えを保留にしていると、「僕ら、1週間ほどカモテス島に行っているから帰ってくるまでに決めてくれればいいよ」とのこと。

結局、結論が出ないまま1週間が経ってしまった。

だが、これだけの破格のオファーはもう他にないだろう。

結論を出す前に隣家を訪れた。YUKI氏の部屋には私の部屋と全く同じダイニングテーブルがあり、その上でソファを導入しているのでレイアウトを参考にさせてもらったのだ。

結局、6000ペソになるなら購入すると伝えたところ交渉成立!

 

昨日の夕方、カモテスから帰って来た彼らは私の部屋にやって来た。

そこで一緒にソファを取りに行き、2階の彼らの部屋から3階の私の部屋まで狭い廊下と階段を担ぎ上げて運んだ。

IMG_3451

そうしてやって来た我が家のソファ。

色合いも素敵だ。それにクッションも一緒にくれた。

だが、こうしてみるとやっぱりちょっと大きいかもしれない・・・

IMG_3450

う〜ん、なんとも言えぬ威圧感。

だが、座り心地は抜群だ。

セブのアパートは基本的に手作りなので、同じ間取りのはずの隣の部屋と若干キッチン台の大きさとか部屋の幅とかが異なる。だから、隣の家ではソファがすっきりと納まっても我が家で同じように納まるとは限らないのだ。

 

そこで部屋のレイアウトを大幅改造。

あとは、壁に棚を取り付けて上下の空間をうまく利用しようかな。

部屋の改造は一人暮らしの楽しみの一つ。

 

また隣人を部屋に招いて長屋暮らしを楽しもう。

 

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

【快適】セブ島長屋生活:ソファがうちにやって来た” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。