【厳選?】セブ島在住日本人に喜ばれる土産3選

2018年11月24日(土)  晴れ

 

 

先週末から今週の水曜日にかけてかつて共に語学学校で仕事をしていた I 氏が数年ぶりにセブを訪れていた。私は久々にお会いするのを楽しみにしていたのだが、まさかのタイミングで食中毒にやられるという失態を犯し、会うことは叶わなかった。(詳しくはこちら:【悪夢再び】食中毒の恐怖!しかし隣人愛で生き残る、ビバ!セブ島長屋生活

そんな I 氏は、私のためにわざわざ日本から土産の品を持参してくれていた。

セブ島に住むフィリピン人が最も喜ぶ土産は圧倒的に日本の安いチョコレートなのだが、果たしてセブ在住の日本人はどんな土産をもらうと嬉しいのだろうか。

今回、I 氏が持参した日本からの土産はそんな日本人のツボを押さえたラインナップだった。


1. 日本米(無洗米)

IMG_3672

米を主食とする日本人にとって日本米は欠かせないアイテム。フィリピン人も日本人に負けず劣らずのライスラバーだが、フィリピンで一般的に食べられている米は日本のものとは異なるロンググレインのもの。炊き上がった米はパサパサとしており、汁物と一緒ならまだしもたくさん頬張ると口の中の水分を持っていかれる。

やはり日本人としては米の一粒一粒が立っていてもっちり感のある米が食べたい。それに日本食に会う米は日本米を置いて他にない。

実は I 氏は日本有数の米どころである新潟県出身。そして、今回持って来てくださったのは、その新潟が全国に誇る最高ブランド『魚沼産こしひかり』だ。しかも無洗米。

これで今後の食生活が大幅に向上するだろう。自炊が楽しみだ。


2. 蚊よけスプレー

IMG_3670

すでに冬に突入しようとしている日本は蚊に煩わされることもないと思うが、ここ南国セブ島では1年365日蚊が活発に活動している。蚊に噛まれて痒い思いをするだけならまだしも、ここセブ島では年がら年中デング熱の脅威にさらされて生活しているのだ。

かつてセブで仕事をしていた I 氏にはそんな事情もきちんとわかっている。そうして持って来てくれたのが日本の蚊よけスプレーだ。

しかもこのスプレー、1プッシュで24時間効果が持続するらしい。室内でスプレーすることで壁や天井に成分が付着し、通常壁などに留まっている蚊を効果的に駆除してくれるという。

それにしてもセブは蚊や蟻、ゴキブリなどが実に元気だ。彼らにとってここは天国と言えるだろう。我々には時に住みにくくもあるが・・・


3. 魯肉飯(の素)

IMG_3671

いやいや、これ日本関係ないじゃん!

そう思うのも無理はない。魯肉(ルーロー)飯は台湾のソウルフードであり、日本もフィリピンも全く関係のない食べ物。

しかし、このブログの読者はすでにお気づきかもしれない。私は頻繁にセブと台湾を行き来しており、特に台湾の魯肉飯が大好物であることを公言して来た。(詳しくはこちら:【密輸?】セブ空港スルー:台湾のソウルフードをセブに持ち込む)そんな事情を知った I 氏が気を利かせて私のために持って来て下さったのだ。

そう、つまりここでいう喜ばれる品というのは、モノではなく「日本人特有の心配り」なのだ。(ふふふ、上手くまとまった)

 

さて、私は1年365日、いつでも日本からの土産を受け取る用意がある。

日本からセブへお越しの際はぜひそのことを念頭に置いておかれると宜しかろう。


linestamp





本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。