【パラワン島】セブとは異世界:ショッピングモールは日本の〇〇のようだ

2018年12月3日(月)

 

 

先週の土曜日からフィリピン最後の秘境、パラワン島へやって来ている。

パラワンに到着し、ホテルにチェックインした後、近所をぶらつく事にした。幸い、今回宿泊している Go Hotels は、ロビンソン財閥系列なので歩いてすぐの距離にロビンソンモールがある。とりあえず、そこまで行く事にした。

途中、何か観覧車のようなものが目に入る。

どうやら花やしきさながらの子供向け遊園地のようだ。どうも場末感が否めない。でもパラワン・キッズにとっては浦安の某ネズミーランドくらいの価値があるのかもしれない。

パラワンの遊園地を過ぎると、すぐ隣に現れるのがロビンソンモールだ。全国展開しているショッピングモールはセブでもマニラでもだいたい同じブランドのショップが店を構えているはずだ。

店の外からはジョリビーやイナサルといったセブでもお馴染みの看板が見える。辺境の地、パラワンでも見慣れた看板を見ると安心できる。さて、ここで食事でもしようか。

しかし、一歩店内に足を踏み入れるとそこはセブとは全く異なる景色が広がっていた。

モール店内がガラガラ・・・

ええ? もう12月ですよ?

クリスマス前の週末といえばセブでは街全体が人で溢れて道路もモールも大混雑になるのが当たり前なのだが・・・パラワンには人がいないのだろうか? ちなみにセブではクリスマスセールで店の中は芋の子を洗うような様子だ。(こちらを参照:【渋滞必至】セブ会員制スーパー LANDERS クレイジーセール実施中

ああ、でもこの「田舎に綺麗なショッピングモール、しかも客がいない」っていう光景、どこかで見たことある。。。

ああそうか、地方のイオンモールと同じだ。

日本の田舎に行くと田んぼの真ん中に燦然と輝くイオンモールの灯火をかなり遠くから見ることができる。

だが、店内に入るとガランとした空間に人っこ一人いない・・・

まさに今回のロビンソンモールと同じだ。

 

ところで、ロビンソンモールではシューズショップには巨人向けのサンダルも売られていた。どうやらパラワン島には我々の知らない未知の巨人族が住んでいるようだ。進撃して来たらどうしよう・・・

それよりお腹が空いたのでフードコートへ行こう。

しかし、肝心のフードコートの店舗が4店舗しかない。少な過ぎる。

その中でも美味しそうなフィリピン料理を選んだ。

しかしこれが・・・信じられないほど不味い・・・

美味しそうに見えたパンシットは恐ろしいほどしょっぱく、ライスは冷え切っている。というより、注文したメニューが全て冷え冷え。なぜ???

あまりに客がいないから作り置きした食材が冷めてしまったのかもしれない・・・

 

だが、そんなモール内にもひときわ混雑しているエリアがあった。

なんとミニ四駆のイベント!

フィリピンでまさかのミニ四駆のイベントが開催されているとは・・・

実はミニ四駆世代ど真ん中の私は子供の頃、自宅にコースを設置して毎日遊んでいたのだ。その頃の様子が走馬灯のように蘇る。

ところでなんでモールの中でやっているんだろう?

タミヤのロゴが眩しく輝く。

セブのモールは今まさにクリスマスセールでごった返していることだろう。それに比べたらパラワンのショッピングモールは開店休業かと思うほどだ。

しかし、現地の人に言わせると「あそこはあれでも人が多い場所」だそうだ。

まさにセブとパラワンは別の世界のようだ。

 

 


linestamp

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。