【似非統計?】「フィリピンの犯罪率はミス・ユニーバス開催中は低下する」の真相

2018年12月21日(金)  晴れ



フィリピン人のとっての一大イベントである「ミス・ユニバース」。今年のグランプリは見事フィリピン人の Catriona Gray 氏が獲得したというニュースが駆け巡ったのは記憶に新しいところ。

見た目の美しさが人生を左右するフィリピンでは、誰もがこのイベントに関心を寄せている。そしてグランプリを決めるファイナルのテレビ中継は国民総出で仕事を投げ出してテレビに齧り付く。

そしてその結果・・・フィリピンの街から犯罪がなくなるという。

実はこの手の話はフィリピンではマニ・パッキャオのボクシングの試合中継の際にも聞かれる。そもそも普段の犯罪率が高すぎるゆえにわざわざ話題になるのだろう・・・

パッキャオの試合当日のマクタン・ニューブリッジ

実際、2016年11月にパッキャオとメイウェザーの試合中継があった際は、セブの街から人がいなくなり、渋滞のメッカであるマクタン・ニューブリッジがガラガラになるほど顕著に結果が現れた。

この時にもフィリピンの犯罪率が低下したと報道されたのだ。

さて、今回のミス・ユニバース開催中の犯罪率はどうだったのか。

https://platform.twitter.com/widgets.js https://platform.twitter.com/widgets.js

フィリピン人のSNSを見る限り、かれらも「この世でフィリピンの渋滞と犯罪を低下させることができるのはマニ・パッキャオの試合とミス・ユニバースだ」と思っている様子。

しかし、残念ながらそれを裏付けるデータは今の所存在しない。いや、実は以前マニラでミス・ユニバースが開催された時に数時間だけ犯罪発生率がゼロになったと警察が発表したことがある。

だが、フィリピンの統計データが全く信頼に値しないことは折り紙付き。だいたいどうやってわずか数時間の犯罪発生率を集計したのだろうか。

ここでもう一度思い出してほしい。

グランプリを決めるファイナルのテレビ中継は国民総出で仕事を投げ出してテレビに齧り付く

そして、その中には当然警察官も含まれているのだ。

そう、ミス・ユニバースの中継の間は警察官も仕事をしない。そのため犯罪が検挙されることもないのだ。

警察が把握していない犯罪は最初から無いのと同じ。

フィリピンの数字のマジックには要注意だ。


linestamp

 

 

 

 

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。