【渋滞無縁】交通機関不在の能登で移動手段を確保する

2018年12月24日(月)  曇り



セブの交通事情といえば、渋滞で都市機能がほぼ麻痺状態であることはこのブログで何度も述べてきた。(こちらを参照:【渋滞】セブ島渋滞クリエイターはこの人だ!)タクシーは捕まらず、やっと乗れても渋滞の中で1メートルも進まず料金メーターだけが上がるという罰ゲームが待っている。

さて、私が現在滞在している能登半島の場合、渋滞は無いがその代わり移動手段もない・・・

私が滞在しているのは石川県の和倉温泉というところだが、周囲には温泉宿が立ち並ぶだけで買い物できるような店もなければ、気軽に籠って作業に没頭できるカフェもない。

あるのはただ穏やかな海だけ・・・

鉄道の和倉温泉駅に行けば、電車で金沢などにも行くことができるが、温泉街から駅までがそもそも遠くて歩くと20分はかかる。そもそも電車は1時間に1本だ。隣の七尾駅まで行けるバスもあるが、これも1時間に2本だけ。公共交通機関は頼りにならない。

この地方の人間はだいたい1人1台自動車を持っているのが普通だ。だが、セブからこの地を訪ねている私は自動車もない。そう、私は移動手段を持たないのだ。

セブではバイクを欲しているものの、なんだかんだ Angkas とか Grab などの便利なツールがあるので事足りてしまう。しかし、能登で気軽にタクシーに乗ったら「初乗り700円」というセブ市内からマクタン空港へ行けてしまうような値段で運行されているので要注意だ!

本当は日本に帰国した時に実家から能登まで自分の車で来ようと思ったのだが、雪国での運転に不安を覚えて断念したのだ。

だが、現地での移動手段問題は前々から懸念していたので私はある作戦を立てた。「現地で移動手段を確保する!」。その手段とは・・・

能登で自転車を購入する

生憎、和倉温泉には気軽に行ける自転車屋すら存在しないのだが、ここは日本、伝家の宝刀「Amazon.co.jp」が利用できる!

早速私は手頃な価格の自転車を物色、そして一台のクロスバイクに行き着いた。

2日後、オフィスに行くと見慣れる段ボールが目についた。従業員から「あ、それ届いてたよ」と言われてそれが自転車だということに気がついた。

早速、自分の部屋に持ち帰り、組み立てる。付属の工具を用いて組み立てること1時間弱。

現れたのは真っ白なボディと同じく真っ白なタイヤを履いたクロスバイク。そう、私はここ能登でついに移動手段を手に入れたのだ!

寒空の下、早速走ってみたがこれが快適!今まで徒歩で延々と歩いていたところも一瞬で通り過ぎる。こうして私の能登での行動範囲は飛躍的に広がったのだ。

和倉温泉は鷺が湯で怪我の治療をしている様子を見て発見された温泉だという。そのため和倉温泉は鷺がシンボルなのだ。

そこで私の白いクロスバイクを鷺に見立てて EGRET(しらさぎ号)と名付けよう。

さて、能登は雨ばかりで今週末には雪も降るとの予報だが果たしてこの冬の間にどれだけ自転車に乗れる日があるのだろうか・・・

そして、セブに帰るときはこの自転車どうしよう。。。


linestamp

 

 

 

 

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【渋滞無縁】交通機関不在の能登で移動手段を確保する” への2件のフィードバック

追加

    1. 日本の温泉旅館業界とセブをつなぐプロジェクトを進めているのでこうして実際に温泉旅館にコンタクトを取って仕事を見せてもらっています。毎日温泉に入れるのが嬉しい!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。