【限界】極寒の地で遂に「日刊セブ便り」休刊?

2019年2月4日(月)  雨



「日刊」と銘打ちながら1週間以上も更新が途絶えてしまった。
ちょっとこのところ多忙を極めていたのに加え、ここに来て遂に風邪に冒されてしまったのだ。

一年中熱帯のセブから極寒の北陸にやって来て風邪だけは引くまいと最善の注意を払って来たつもりだった。1月末から2月頭にかけてが1年で最も寒くなると言われれば、それに備えてユニクロでヒートテック「極暖」も入手した。

しかし、こうした準備にも関わらず私の体は堪えることが出来なかった。私の実家の家族はこの記事の更新状況によって私の消息を把握しているらしく、1週間も記事が更新されなかった結果、遂に消息確認のメールが来た。「お前は今どこにいるのだ?」と。

先週の能登は天候が目まぐるしく変化した。雨、雪、晴れ、嵐・・・

先週水曜日、つまり1月30日は能登では珍しく終日降水確率0%という晴天に恵まれた。気温も摂氏10度を超え、暖かい1日となった。

この日たまたま仕事が休みだった私は久々にずっと出来なかった買い物と散髪をするために七尾市内へ繰り出した。七尾駅前で昼食をとり、図書館で調べ物をし、100均で必要なものを買い求め、2ヶ月伸び放題だった髪を切った。

まだ時間に余裕があったのでずっと行ってみたかった七尾城本丸跡まで行ってみた。標高300メートルの山頂にある戦国時代の山城「七尾城」。日本100名城にも数えられる由緒ある城の本丸にたどり着くには標高300メートルの山道を登らねばならない。思えばこれが行けなかったのかもしれない・・・

翌日、翌々日の気温は一気に下がり摂氏1度。
雪も吹き荒れる極寒の天候となった。

ここで私は頭痛、発熱、咳、鼻づまりを併発する。そう、遂に風邪を引いたのだ。

だが、残念ながら日本人が日本で仕事をする以上、風邪を引いただけでは仕事を休むわけにはいかない。これがセブならシヌログ祭りではしゃぎ疲れただけで翌日は欠勤者が相次ぐというのに・・・

斯くなる上は風邪の早期回復を図るしかあるまい。
私は「風邪 早く治す方法」と検索して対応策を検討。薬を服用し、水分を随時補給し、コンビニでビタミンCのサプリを購入して定期的に服用、温泉で体の芯から温まり、帰宅後はすぐに寝て休息を取ることを心がけた。

こうした対策の結果、ここに来てようやく熱が下がって来たところだ。

というわけで「日刊セブ便り」が人知れず1週間もの間休刊となっていた。

どうも中年の体に無理は効かないらしい。
疲れているときは素直に体を休めることが大切だ。

明日からまた地道に記事を更新していこう。


linestamp

 

 

 

 

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。