【Murals Hostel & Cafe】セブ島ノマドワーカー必見:ホステル兼コワーキングスペース

2019年6月16日(日)  晴れ

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

このところセブの週末は暑さが続いているものの、途中ではげしい雨が降ったりして雨季の到来を感じさせる。

昨日の午前中もいつものようにセブ市内を仲間とともに徘徊。車を持っていないので移動手段はもっぱら徒歩だ。今回も炎天下の中、アヤラからマボロ方面を徒歩で移動。

しかし、やはり途中で体力の限界がきたので、前から気になっていた店で一休みすることにした。

その店はマボロのキャッスルピークホテルの向かいの路地を奥に入っていったところに佇む、「ホステル兼コワーキングスペース、あとカフェ」という、なんだかノマドワーカーにはもってこいの何でも揃った店舗、「Murals Hostel and Cafe」だ。

外観の写真を撮るのを忘れたのでインスタグラムから画像を引っ張ってきたが、まず目につくのが屋外の壁一面に描かれた独特な味わいのイラストと「MURALS」という名前だ。

せっかくなので、フロントデスクに座っているお兄さんにお願いして見学させてもらうことにした。

館内に入るとまず壁一面に描かれたセブ島と各地の観光スポットのイラストが目に入る。

その奥のドミトリーの入り口のドアにも独特なタッチのイラストが描かれている。

実は店舗名にもなっている「Mural」というのは「壁に直接描かれた絵画」などを指す英単語だ。つまり「壁画」ということだろうか。

Mural:
mural is any piece of artwork painted or applied directly on a wall, ceiling or other permanent surfaces. A distinguishing characteristic of mural painting is that the architectural elements of the given space are harmoniously incorporated into the picture.

Wikipedia より引用

どうりで外壁から館内の壁まであらゆる壁がイラストで埋められているわけだ。

あいにく個室は宿泊客がいたので、複数人で宿泊できるドミトリーを見学させてもらった。2段ベッドが奥まで並んでいる。

最近は日本のゲストハウスでもこのような木のフレームの2段ベッドにカーテンにカーテンでプライベートを確保するスタイルのところが増えている。セブ島もどうやら例外ではないらしい。

ロッカーも完備しており、相部屋でもセキュリティは確保できている。それにしてもロッカーの扉に描かれたイラストも独特だ・・・

「ねえ、日本人のお客さんも来る?」

ええ、たくさん来ますよ

そう会話を交わす横を欧米系の宿泊客が通り過ぎていく。今や世界中のバックパッカーが訪れているようだ。

ちなみに男女混合ドミトリーで1泊650ペソ+税。嬉しいことに朝食が含まれている。

そして、以前から気になっていたコワーキングスペースを見せてもらう。

昨年、この近くに引っ越して来た日本人の知り合いが、自室のWi-Fiがほとんど繋がらなくて困っていた時にこのコワーキングスペースの存在を教えてあげたことがある。しかし、人に教えておきながら自分では訪れた事すらなかった・・・

ホステルのハウスルールが書き込まれた壁にコワーキングスペースの入り口となるドアがある。

中に入るとすでに数人のフィリピン人が何やら作業をしていた。

作業デスクが大きいのが好感が持てる。実は仕事の作業や勉強をする上で、使用するデスクの大きさは作業効率や成果を大きく左右する。

私が以前働いていた日本の某金融機関では、法人向けの研修施設を運営していたのだが、そこで導入されていたデスクも大型のものを採用していた。いまどき折り畳み式の長机で研修をする会社など無いそうだ。

みんな想い想いに作業をしている。

それにしてもセブにもコワーキングスペースが増えたなぁ・・・。

2〜3年前にセブ市のコワーキングスペースを取材して回った時は、3店舗くらいしかなかったのに、最近では至る所で見かけることができる。

何やら奥の方では雑貨らしきものがぶら下がっている。その下には絵画のキャンバス? アート作品を販売しているのだろうか? それとも何かアートワークの真っ最中?

コワーキングスペースの料金は、1日料金が500ペソ。日系のiiofficeが300ペソ、同じくThe Companyが400ペソなのと比較すると割高だ。

しかし、ここは1時間料金、3時間料金といった細分化された料金設定もあるとのこと。

最後は併設されているカフェで一休み。

店内は狭いがなかなかオシャレな空間になっている。

エアコンが効いているのでありがたい。

ちょうど近くの語学学校に通う日本人留学生なども訪れていた。

裏通りに位置しているため、静かに過ごすことができるし、落ち着いて休憩したり、何か集中して作業するには便利な店だと思う。

ホステルに宿泊している外国人観光客もカフェでくつろいでいるし、話しかけてみると色々面白い話が聞けそうだ。

マボロ周辺にいる人は一度訪れてみると面白いかもしれない。

広告主募集
会社やお店のバナー広告を掲載しませんか。
広告に関するお問い合わせはこちら


linestamp

 

 

 

 

 

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【Murals Hostel & Cafe】セブ島ノマドワーカー必見:ホステル兼コワーキングスペース” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。