【2019年】セブ島トライアスロン大会コース

2019年7月4日(水)  晴れ

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

毎年恒例の国際的なスポーツイベント、「IRONMAN 70.3 Philippines」、つまりセブの国際トライアスロン大会が8月11日に迫っている。

当日は早朝からレースのコースとなる道路周辺が完全に通行止になるので、市民の生活にモロに影響が出る。

当然、市民はどの道が何時から何時まで封鎖されるのか知りたがっているのだが、毎年開催日ギリギリにならないと発表されないため直前まで準備ができない。

しかし、ようやく今年のコースが一部発表されたようだ。

ちょうど先週になって私自身も封鎖エリアと時間を調べたくてインターネットを検索したのだが、2019年のレースの情報が全くヒットしない。

こちらを参照:
【2019年】いつもギリギリ:セブ島トライアスロン(8月11日)情報が手に入らない

日刊セブ便り:2019年6月

それがここへきてようやく情報が明らかになってきた。

本日午後に Cebu Daily News がツイッターにトライアスロンコースに関するつぶやきを投稿しているのを発見。

どうやら「自転車コースは再び SRP を通過」することになったようだ。

実はマクタンを出発して SRP まで行って折り返すというコースは2012年以来の「いつもの」コースだ。

しかし、昨年は直前になって前セブ市長のオスメニア氏によってコースがセブ市を通過のを拒否したため、急遽コースが変更されていたのだ。

昨年のコースについてはこちら:
今年は違う!? セブ島トライアスロン<Ironman race 2018> 道路閉鎖

日刊セブ便り:2018年8月4日

おかげで2018年の大会はただでさえ道路が狭くて迂回路もないマクタン島で大抵の競技をやる羽目になったのだ。マクタン島に住む人にとっては飛んだ災難だったろう。

2019年のトライアスロン競技については、こちらの2年前のコースとほぼ同じと考えて良さそうだ。マクタン〜セブ間はニューブリッジを通過するという点も同じだ。

例年、午前4時ごろから道路が順次閉鎖されるが、全てのエリアが同時に閉鎖されるわけではない。タイミングによっては通過できたり、片側車線だけ通行できる場合がある。

しかし、正直言って当日の道路規制はその時の状況によって変わってくるので、なんとも読めないのだ。

そのため、トライアスロン大会当日に空港から飛行機で出かける予定のある人や、もしくは空港に到着した人を迎えに行く人は早めに空港へ行くことをお勧めする。搭乗予定の人はむしろ空港近くに宿泊していた方がいいかもしれない。

どちらにせよ、大会が開催される1週間前くらいになると、ようやく公式のコース情報、交通規制情報が発表される。だから大会が近づいたらセブのローカル新聞などをよく読んでみるといいだろう。

広告主募集
会社やお店のバナー広告を掲載しませんか。
広告に関するお問い合わせはこちら


linestamp

 

 

 

 

 

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。