【せどり】成功するセブ島アイテム選びのコツ

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

海外に住んでいると日本では手に入らないものや日本では高額で取引されているものが比較的容易に入手できることがある。そして、もしそれらが皆が欲しがるものであったなら容易に入手できるというアドバンテージを活かすことができるだろう。

そう、ビジネスになり得る。

そんなことを考える人は一人や二人ではない。その証拠にセブ島のアイテムを日本に持ち帰って販売しようと試みる人が後を絶えない。

こういったビジネスを「せどり」という。

「せどり」:
もともとは古本業界で「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」行為のことを指す。ここでは海外の物価や為替の差を利用して低価格で仕入れ、国内で販売することで利益を得る行為として主に語る。

日刊セブ便り

何を売るかの答え

さて、実際にセブで仕入れて日本で販売するアイテムを探す上で何が成功のポイントなのだろうか。その答えはシンプルだ。

売れるモノを売る

何を当たり前のことを!と仰るかも知れない。いや、仰る通り。

だが、これは重要なことなのだ。「何を仕入れていいかわからない」と悩んで何もできないならまだしも、闇雲にわけのわからないものを仕入れてしまえば、たちまち不良在庫の山を築くことになるだろう。

・日本のトレンドを知る

こうしたミスを事前に防ぐためには市場調査が必要だ。と言っても、そんなに大掛かりな調査をする必要はないし、個人では限界もある。

まずは日本のオンラインショップをチェックしたり、どんなものが流行っているのかといったトレンドを調べることができる。同時に日本での販売価格も頭に入れておくと良いだろう。

・セブ島らしいアイテム

せっかくのせどりビジネスで日本でも売れるようなものを仕入れても意味がない。消費者は「セブ島」の商品だからこそ興味を示すのであり、いくら安く仕入れることができたとしてもどこにでもあるような商品では他の競合の間で埋もれてしまう。

消費者が求めているのは「セブ島の〇〇」なのだ。

・欲しいけど日本じゃ入手できないもの

いくら良いものを仕入れても日本で容易に入手できるものではわざわざセブのものを購入してくれない。やはり、「欲しいけど手に入らない」かつ「セブでは容易に手に入るもの」というアイテムが必要なのだ。

買ってはいけないNGアイテム

せどりをする上で避けたいアイテムも当然存在する。

「売れない」商品を仕入れないのは当たり前のことだが、その見極めは難しいかも知れない。

・食品

まず避けたいのは「食品」だ。これは想像がつくだろう。いくら「セブ島らしい」ものだったとしても食品は時間の経過とともに傷む。そもそも「消費期限」「賞味期限」が設けられているものはせどりビジネスには向かない。

特にセブから日本へ発送する、もしくは自ら持ち込むとなればその食品が規制の対象になっていないかどうか調べなければならない。

それになかなか売れなかった場合、ずっと保管しておくこともできない。時間が経ったら廃棄しなければならいというリスクがある。

・輸入禁止 or 規制対象品

もちろん、法律によって輸入が禁止または制限されているものは対象外だ。

具体的には一部の食品や医薬品、そして化粧品。あとは動植物など。

食品衛生法、植物防疫法、家畜伝染病、医薬品医療機器法、そしてワシントン条約などいろんな法律・条約によって日本への持ち込みができない項目がある。

詳しい情報は税関のウェブサイト(輸出入禁止・規制品目)を見ると良い。

おすすめセブ島アイテム

では実際に何を仕入れたら良いのだろう。

個人的に重視しているポイントは以下の点だ。

  • 日本でも一定の人気が見込める
  • 安価で入手できる(でなければ「せどり」にならない)
  • 嵩張らない
  • 賞味期限・消費期限がない

まだいくつかあるが、重要な点はこんなものだろう。
それを踏まえて具体的な品目をあげてみよう。

・ハンドクラフト雑貨

セブでは比較的簡単に手に入るハンドクラフト雑貨。

籠やバッグ、インテリア雑貨を始め、財布や文房具などの小物など種類も豊富。観光客向けの土産物店でも一定の売り上げが見込める人気アイテムだ。

こちらの買い物籠っぽいものは左のものがセブで入手したもので、右のものがダバオで入手したもの。ショッピングモールでは800ペソくらいで売られている。日本では類似商品が5,000円前後で販売されている。

しかし、コロンで買えば200〜300ペソで入手できる。

・アクセサリー類

手作りのアクセサリー類もセブではよく見かける。

主にショッピングモールの一角や路上販売などで見ることができる。値段も手が出しやすいし、何しろ小さいので嵩張らない。大量に仕入れて販売できるだろう。

また真珠のピアスなんかは日本では20,000円くらいで販売されているが、パラワンに行けば30ペソくらいで入手できる。日本から飛行機で仕入れに行ったとしても、ある程度売れればすぐに元が取れるんじゃないだろうか。

・ファッション用品

セブにはウカイウカイと呼ばれる古着屋がたくさんある。そこで安い服を仕入れて日本で販売する。

ただし、これはかなり目利きが必要かもしれない。

私の友人はこの分野のプロでセブでコツコツと掘り出し物を集めては、日本に一時帰国した際に販売し、だいたい半年分くらいの生活費を稼いでくるというツワモノだ。

詳しくはこちら:
【せどり】超穴場?セブ島ウカイウカイで宝探し
【掘出し物】セブ島ウカイウカイ・ツアー

個人的にはそのほかにもココナツオイルやフルーツの石鹸といったセブの土産物店でよく見かける人気の美容セットがいいと思うのだが、液体物や化粧品は規制対象になるものもあるのでよく調べてから手を出すべきだろう。

さらにリスクがあるとすれば、フィリピンの郵送システムだ。

フィリピンの郵便局か民間の郵送会社を使って日本に送るとしても、費用の面で採算が合うかという点もさることながら、「いつ届くかわからない」ということもあり得る。

特に個人輸入代行業をしている人の中には近年、税関での検査に時間がかかりすぎて配送のスケジュールが読めずにフィリピンから撤退する人も現れた。

そういった点を考えると、自分でスーツケースなどに入れて機内預け荷物として持って帰るのが一番良いのかもしれない。日本から仕入れと称してフィリピンに旅行に来て色々売れそうなものを購入して帰国後メルカリなどで販売するのが最もスマートだろうか。

しかし、逆にセブ在住の場合、いちいち日本に一時帰国するわけにもいかない。

そういうわけでセブ在住の者の方がハードルが高いのかもしれない。


さて、私もいっちょ「せどり販売」をしたいのだが、どうやって日本に配送しようかしら・・・

広告主募集
会社やお店のバナー広告を掲載しませんか。
広告に関するお問い合わせはこちら


linestamp

 

 

 

 

 

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。