セブ島TOEIC公式テスト無事終了

2019年9月15日(日)  晴れ

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

ついにこの日が来てしまった。
そう、昨日9月14日はセブでの TOEIC 公式テストの実施日。

こちらを参照:
【9.14】セブ島TOEIC公式テスト受検決定

前日の金曜日はたまたま仕事が休みだったので、丸一日試験対策の勉強をするはずだった。そう、そのはずだった。。。

だが、明け方まで取り組んでいた翻訳業務の疲れで10時ごろまで部屋で休んでしまい、その後は部屋の掃除、午後からは買い物、夕方から夜にかけてはミーティングなどで丸一日が終わってしまった。

フルタイムで仕事をしていると、休日は普段取り組めない用事を片付けることに費やされるということを実感。。。

結局、今更勉強したところで英語の実力が伸びるわけではないので、早く寝ることを選択してこの日は就寝した。

翌朝、午前5時に起床。
身支度を整えて、いつでも自宅を出られるように心を整える。

この日の試験の集合時刻は午前8時。結構早い。

幸い、会場は我が家からほど近い韓国系大手語学学校 SMEAG キャピトルキャンパス。Angkas に乗ればわずか5分の距離だ。

地図上では「キャピトル」というより「グアダルペ」のような気がする。

セブ在住5年目にして、初めてセブ島最大手の語学学校に潜入。ドキドキ。

入り口のセキュリティに TOEIC 受験で来たことを告げると、腕にスタンプを押されて入場となる。

最初は1階にあるカフェで待機させられ、しばらくすると係りの人が呼びに来てくれるというシステムらしい。

カフェに入ると、ちょうど CEBRUIT.NETセブぺディア を運営されている若手実業家、「世界の和久井」ことジョーダン氏に遭遇したので写真を撮らせてもらった。

氏は先月、人生初のTOEICをなんの準備もせずに受験し見事700点台後半のスコアを獲得。今回の目標は880だそうで、来月に900台を目指すという。

「正直、みんな勉強しすぎですよ。勉強しすぎて逆に英語が身に付かなくなっちゃってる。」「やっぱ、こういう試験はいかに効率よくスコアを獲得するかを極めないと。僕は3ヶ月で900を獲得するメソッドを確率します」

なかなか饒舌だが、あながち間違っていない。

そんな氏は、某語学学校でバリバリ働いているが、「I Love SMEAG」の看板の前で満面の笑みを浮かべて写真に収まっている。

午前7時55分。

係りの人がやって来て試験会場へ移動するよう促される。

エレベーターに乗って降り立ったフロアからは校舎の全体が見渡せる。さすが、大規模語学学校だけあって建物も壮大だ。この中に教室と生徒のドミトリーがあるのだ。私も韓国系の学校で働いた経験があるのでわかるが、こういった大規模校は基本的に学校内で全て事足りるので、「スパルタ式」のコースで1週間建物から出ることができなくても生活できるのだ。

フロアに着くと、すでにたくさんの受験生が受付に並んでいた。

受付の流れはこうだ。

  1. 受付でパスポートと振込領収書を提出し、名簿と照合。
  2. 消しゴム以外の所持品を全て預ける。
  3. セキュリティチェックを受けて会場に入場。
  4. 係りの人が席まで案内してくれる。

残念ながら会場を撮影する事はできなかったが、ものすごく広い部屋に机が並んでいて100名以上の受験生が席についていた。

感心したのは全てがシステマティックに動いている。

最初にフィリピン人スタッフによるガイダンスがあり、名前や国籍などの受験者情報を記入、さらに試験の流れに関する説明があって、音声ボリュームをチェックするなどの流れの後に試験がスタート。

まずはリスニングテスト

100問の問題を流れてくる音声を聞きながら解いていく。

Part1の写真を見ながら回答する問題は、じっくり写真を見て引っ掛け問題にやられないように注意が必要。

そのほかの問題は先に設問と回答の選択肢を読んでおき、音声を聞きながら答えがわかったらすぐにマークシートに記入し、とっとと次の問題の設問をチェック。ただ、アメリカ英語が苦手な私はところどころ聞き逃すパートがあった。

 

 

そしてリーディング

Part5の穴埋め問題は、職場のマネージャーが「秒で解け!」と指導するほど、文法知識さえあれば瞬時に解ける問題が並ぶ。しかし私は慎重を期して、きちんと文章を読んで選択肢を選ぶ。

ただ、リーディングパートは量が多いので、いつも時間内に終わらせるのが難しいのだ。本来はここで時間を割くわけにはいかない。

会場には書面にプロジェクターで残り時間がカウントダウン方式で表示されている。おかげで試験のペース配分を計算できてありがたかった。なかなかフィリピンらしからぬハイレベルな会場運営。さすが SMEAG。。。

Part7は問題数も多く、読まなければいけないメールやウェブサイトやチャットの分量も多くていつも時間が足りなくなってしまう。本当はスキミングをして回答を進めていくのが良いのだろうが、私は一問も落としたくないので、全てじっくり読んで回答を選んでいった。

どうやら日頃翻訳の仕事で難解なイギリス英語のニュース記事を大量に読んでいるおかげで自然とリーディングの力がついているようだ。TOEIC のリーディングマテリアルは全く苦もなく意味が理解できる状況だった。

どうも日本にいた頃は TOEIC の試験を受けても苦痛でしかなかったのに、知らぬ間に英語の実力は上がっていたのかもしれない。

残り15分となったところで、私はラストスパートをかけ、なんとか全問終了。

気になった箇所を見直し、無事に試験終了となった。

 

 

朝っぱらから全神経を集中させて臨んだので、試験終了時には疲労困憊。

考えて見たら朝食も食べていなかった。

ちょうど午前11時を過ぎたところだったので、近くの AYO AYO カフェで食事を済ませてから帰宅した。

 

 

さて、試験が無事に終わったところで問題は結果だ。果たして900の壁は超えられただろうか。

結果は約2週間で届くという。

願わくば、もう二度と受験しなくて済みますように。

広告主募集
会社やお店のバナー広告を掲載しませんか。
広告に関するお問い合わせはこちら


linestamp

 

 

 

 

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

セブ島TOEIC公式テスト無事終了” への1件のフィードバック

追加

  1. ピンバック: 日刊セブ便り

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。