【上海】中心街散策:日本やセブとの違いを探す

2019年10月25日(金)  晴れ

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

先週、セブを離れて数日間の上海滞在を経験した。

こちらを参照:
【上海】セブ発深夜便での空港到着は用意周到に

深夜に到着し、ホテルで体を休めたら、翌朝から上海の街を探索だ。

と、言いたいところだが、深夜から明け方にかけて欧州時間で対応している仕事があるので、ホテルの客室で一人黙々と仕事に取り組む。

さて、PC とインターネットアクセスさえあれば、場所を問わずに仕事ができるのが、フリーランス・ノマドワーカーの強み。

と、言いたいところだが、中国ではそうはいかない。

彼の国ではインターネットアクセスは政府に徹底的に管理されており、今や仕事では不可欠となったGoogle、Facebook、LINE、Instagramなどは全て接続不可となっている。

当然、Gmailも使えない。

そこで私は念のため、出発前に有料のVPNソフトをインストールしておいた。近年、VPNの規制も進んでいるとのことで、よく利用している無料のVPNでは不安だったからだ。

香港のデモが過激さを増す影響でますます規制が厳しくなっている中国。現在でも利用できるVPNを調べた結果、日本では最もよく知られた「セカイVPN」をPC、タブレット、スマホと、手持ちのデジタルデバイス全てにインストール。

早速起動する。見事日本のIPアドレスでの接続に成功。
GoogleもFacebookも問題なく利用できる。

よかった、これで無事に仕事もできる。

2019年10月現在、中国での「セカイVPN」はまだ利用可能。

午前8時に仕事を終えて、一旦仮眠。
11時過ぎに起きて、いよいよ周辺を散策。遅めのスタートだ。

私が滞在していたのは、上海観光の中心地ともいうべき「南京東路歩行街」。

「歩行街」というのは歩行者天国ということだ。

こちらが私が宿泊したホテル、「錦江之星上海南京路歩行街店」。

旧フランス植民地時代の名残だろうか、ヨーロッパ調の建物が立ち並ぶ美しいエリアだ。

いや、もはや街並みはヨーロッパとほとんど変わらん。

この日は平日だったが、外国人観光客もたくさん歩き回っていた。

私もしばし歩行街を進んでみる。

何やら中国人が集まっているブースがある。

何かと思ってのぞいてみたら、どうやらスポーツくじの販売所のようだ。

拝金主義の中国人にとってスポーツくじのような手軽に一発当てられるものは大好物なのだろう。

こっちでは何やらテレビの撮影。

歩行者天国なので出演者の後ろを人が歩き回っているのだけど、通行人を映したくないのか、ディレクターらしき人が必死に通行人に退くよう叫んでいる。

歩行者エリアのすぐ脇の横道に入れば、そこは一般の道路。

先ほどとはまた少し違ったテイストの街並みが見えてくる。

低層階の建物が続くストリート。漢字で書かれた看板が中国っぽい。

歩行者天国を抜けて一般道へ。

中華人民共和国建国70周年の横断幕が見える。上海ではあちらこちらで政治的スローガンが書かれた横断幕を見かけた。

こちらの建物も古そうだ。そして今となってはなんだかお洒落に見える。
そして、窓から飛び出した洗濯物がなんとも中国っぽい。

そのまま大通りをまっすぐ進んでいくと、大きな川が流れている外灘という場所にぶち当たった。

そこの川沿いの堤防を登ってみると…

おお〜! これぞ「上海」という景色だ。

対岸のスカイスクレイパーはテレビやインターネットでよく見る風景だ。

昼時であり、歩き回ったのでお腹がすいてきた。

先ほど歩いてきた道の途中に食堂街があったので、そこでランチをとることにする。

建物の地下にある食堂街。いきなり現れたのは串焼き専門店だろうか。

なんとなくセブの屋台で見かける BBQ ショップに雰囲気が似ている。

適当に中華料理の食堂に入る。

せっかくなので中華麺をいただく事にした。高菜?が載っていて美味しい。

蓮華が欲しかったので、「有沒有(ありますか)〜?」と言いつつ「蓮華」の中国語が分からなかったので、そこだけジェスチャーで聞いてみたらちゃんと通じた。

食事の後はデザートタイム。

同じフロアに何やらカラフルな果物やタピオカなどが並んだお店を発見。

個人的にはフルーツより並んでいるお皿の方が興味をそそる。

どの組み合わせがいいか分からなかったのでお店のおばちゃんの勧めるまま注文。

こちらがおばちゃんチョイスのデザート。ドランゴンフルーツやメロン、白玉っぽいものが甘い汁と一緒に入っている。

なかなかヘルシーなデザートだ。

ところで、上海ではお店やレストランでの支払いで現金を使っている場面をほとんど目撃しない。

店頭には必ず QR コードが掲げられている。

中国では支払いはほぼ全て電子マネー。日本よりかなり進んでる。

しかし、便利さと引き換えにお金の流れは全て中国政府の監視下に置かれているのだ。

少し街を散策しただけで、日本やセブとの違いが目立ったのは上海が都会だからということもあるだろう。

そのほかにも、上海を走るバイクは100%電動バイク(ヘルメット被らず)。

高級車ばかりが走っている(たまたま高級エリアにいたからだと思われる)。

中国人の店員さん、思ったより気さくで親切。

…など、気付いた点を挙げたらきりがない。

やはり定期的に外の世界に触れるのは大切なことだ。

広告主募集
会社やお店のバナー広告を掲載しませんか。
広告に関するお問い合わせはこちら


linestamp

 

 

 

 

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。